1975再建された米よこせ母子像③.jpg
<Mより発信>
引き続き、『現代日本生協運動史』から日消連と「米よこせ運動」についてご紹介する。
【『現代日本生協運動史』より日消連と「米よこせ運動」】
『現代日本生協運動史』上巻P58~
3節 運動の広がりと戦時下の苦闘

2.労働者生協と学生消費組合の活動
1)日消連と「米よこせ運動」

労働者生協の多くは関東消費組合連盟に加入していたが、連盟は生協の全国的な連合組織が末確立ななかで、1927(昭2)年には国際協同組合デーをわが国で初めて挙行した。同年の野田醤油の争議では野田購買組合が行なう米、味噌など必需品の原価提供などの活動を支援し、7か月にわたった争議を支えた。同時に加盟組合の婦人部を通し組合員に呼びかけ、亀甲万醤油のボイコットに取り組んだ。
連盟には労働者生協以外にも江東消費組合や落合消費組合が加入し、地方からは高知共働社、会津共働社、秋田消費組合などが新たに加盟した。
しかし、1929年、東京府消費組合協会の設立をめぐる意見対立から東京共働社や江東消費組合など6組合が脱退するといった事態もあり、財政的にも困難を迎え、再度委員長となった岡本利吉は神戸の那須善治、平生釟三郎の協力で財政を立て直した。その後、関消連は、1930年には東京市電争議(北郊消費組合など5消費組合が関係)をはじめ、大島製鋼、凸版印刷などの争議に支援を続け、労働運動における兵站部の役割をはたした。
1932年、関消連は関西の高砂消費組合など全国の有志組合を結集して日本無産者消費組合連盟(日消連。のち「無産者」をとる)を設立した。
1932年6月、東京の下町・三河島の失業者とその家族が「米をよこせ」と町長・警察署長官舎に押しかけた。世界恐慌以来の不況に東北地方の米の凶作が重なり、政府も一部の貧困者に政府米の払い下げを実施、東京の下町でも東京第一合同消費組合(旧柳島)が東大セツルメント名義で払い下げを受け、配給していた。しかし、微々たるものであり失業者などの要求は強かった。そこに「米、百万石の海外ダンピング」」が報道され、日消連と関消連は三河島から広がりつつあった運動を、7月の国際協同組合デーを中心に「政府所有米獲得請願運動」として展開することにした。
運動は切実な要求運動として盛り上がりをみせ、国際協同組合デー当日、日消連傘下の消費組合が労組や農民組合などとともに請願署名をもって農林省への陳情行動などを行ない、関消連を取り扱い窓口に1,000俵の払い下げ米を獲得した。その大衆的な陳情行動は当日の夕刊各紙に報道され、取り組みはさらに各地に広がった。
東京では「米よこせ会」が結成され、8月の農林省交渉でさらに6,000俵の払い下げを獲得した(注12:山本秋『昭和米よこせ運動の記録』76年7月・白石書店)。
「米よこせ運動」は日消連傘下の生協を中心に各地に広がりをみせた。東北同様に凶作に見舞われた北海道では、札幌消費組合(1932年設立)、函館消費組合、小樽消費組合(準備会)がそれぞれ労働組合などと「米よこせ会」などを結成、市長交渉を行ない一定の成果をあげた。
東北地方では青森県の黒石、青森、弘前などの消費組合、宮城県の仙台、石巻などの消費組合をはじめ農民組合などが各地で同様の運動を展開した。福島県では設立間もなかった福島消費組合の関誠一、宮原良平らが勉強に行った飯豊消費組合など相馬郡の数組合が、日消連と連絡しつつ取り組んだ。
関東各地での取り組みは農民組合などのほうが活発だったが、栃木・芳賀消費組合、埼玉南部消費組合、神奈川・平塚消費組合などが参加した。甲信越・中部の各県も農民組合が中心であったが、愛知では名古屋消費組合が「米よこせ会」を結成、払い下げを受けた。
京都ではこの年、家庭消費組合、無産者消費組合など6組合が合併、京都消費組合に一本化し「日消連の関西地方の拠点」となっていた(注13:前出『昭和米よこせ運動の記録』)。8月の反戦デーの陳情デモでは責任者が検挙されるといった弾圧を受けたが、米の払い下げは獲得した。大阪では日消連未加盟の共益社を先頭にたて、大阪・大同・阪神などの各消費組合が7月の国際協同組合デーに中央に呼応して取り組み、成果をあげた。兵庫では高砂消費組合がいくつかの小組合を糾合し兵庫県消費組合となっており、「国際デー大演説会」を開催したが、それ以上の取り組みはなかった。中四国では岡山消費組合、広島消費組合などが、九州では福岡消費組合、長崎無産者消費組合、熊本消費組合、沖縄の大宜味消費組合などがそれぞれ日消連と連携し宣伝活動などに取り組んだ。
「米よこせ運動」の展開は、結成されて間もない日消連の活動として成果をあげたが、労働運動はじめ大衆運動への弾圧を強化しはじめていた当局からは日消連とその傘下組合は強く警戒されることになり、中央では8月の農林省交渉の成功のあと「米よこせ会」の幹部だった関消連幹部の多くが検束された。「米よこせ運動」は日消連、関消連の活動のピークであった。
以上
(Mより追記)
冒頭の写真は、旧生協会館7階ロビーに設置されていた頃の「米よこせ母子像」=1975年10月発行の『米よこせ母子像ができるまで―その趣旨と最終報告』掲載の写真より画像作成して追加。コーププラザへの移転後、この母子像は2階の会員ラウンジ入り口に堂々とした姿をみせている。

【2010/06/30 00:11】 | アーカイブ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック