<Mより発信>
引き続き、『現代日本生協運動史』から戦前の「家庭会」「婦人部」の活動についてご紹介する。
【『現代日本生協運動史』より戦前の「家庭会」「婦人部」の活動の情報】
『現代日本生協運動史』上巻P42
このころ(Mによる注記:大正期)に設立された市民型生協には、ほかに大阪の浪速購買組合や室町購買組合、購買組合友愛社、京都購買組合、平安購買組合などがある。
浪速購買組合は1920年の事業開始時、7,000人をこえる組合員と11万円の払込済出資金をもって発足した大阪を代表する生協であり、翌1921年の供給高は76万円であった(注4:北田輝『浪速購買組合の経営方針』23年2月、『産業組創208号所収』)。
室町購買組合は町の婦人会がつくった主婦中心の当時としてはユニークな生協であり、友愛会の関係者によって設立された友愛社は「婦人の社会上並に家庭に於ける権利を回復する」とうたっていた。家計の担い手を主人公に女性の地位向上をめざした点で注目される生協であったが、ともに経営難などの理由で短期間で解散した(注5:大阪社会労働運動史編集委員会『大阪社会労働運動史(第1巻)』)。
京都購買組合は1921年、市の有力者が行政の支援もえて設立し、創立2年度目には組合員が2,000人をこえる当時としては大規模組合だった。
『現代日本生協運動史』上巻P56~
4)広がった家庭会・婦人部の活動
前節で大阪の室町婦人会による消費組合や友愛社のことにふれた。友愛社は組合長や理事の多くが婦人であったが、別に「あらため会」という婦人の組織をもち、主婦たちの自覚、教養をたかめるだけでなく副業の訓練なども進め、社会参加に積極的であった。しかし、数年で解散しており、友愛社の「あらため会」結成の数か月後に発足した神戸消費組合の家庭会がその後の消費組合の婦人組織のモデルとなった(注10:奥谷松治(協同組合人物略伝はこちら)「婦人と消費組合運動(1)」(1935年2月、『産業組合時報』)。
1924(大13)年発足の神戸消費組合家庭会は、「経済的危機に瀕せる現下の我邦の状態は真に憂慮に堪へない」として、消費経済を担う家庭婦人の立場から「生活問題に付いての組織的な且つ直接的な運動」を進めようと意気高く設立趣意をうたった。具体的には、物価、品質等の調査、栄養、衛生等家事にかかわることから教育問題などにわたる研究、講習会などを企画、実践を進めた。
すでにみたように神戸消費組合の試みは灘購買組合の家庭会づくり(島田薫など)となり、甲陽消費組合、伊丹消費組合にも広がり、交流と共同の取り組みを進め、1936(昭11)年には大阪の共益社、京都の洛友消費、鳥取購買、高知消費の各組合の家庭会とともに関西消費組合連合家庭会を結成した。
東京では関消連において奥むめお(Wikipediaはこちら)、田尻久子らにより計画、準備され、1927年の連盟総会で関消連婦人部の設立が決定された。奥らの指導もあり、同年、江東消費組合、西郊消費組合、東京共働社などに婦人部が組織され、連盟婦人部とともに活動が進められることとなった。
1930年には産業組合中央会の丸岡秀子(Wikipediaはこちら)が実態調査をはじめ、翌年、『産業組合』誌にその結果を発表した(注11:丸岡秀子「消費組合に於ける婦人団体(1)~(5)」(31年、『産業組合』303・304・305・307・311号所収))。
取り上げた組織は、神戸、灘、関消連、江東、西郊、共働社のほか、長野の高嶺購買、同上田・松尾購買、鳥取・倉吉購買利用組合と東京自由学園消費、群馬・強戸信用購買販売利用の各組合の婦人組織であった。強戸は農村の組合であり、自由学園は女学生と「友の会」会員を組織しているので若干異質であるが、多くは家事=料理、手芸、洋裁などの講習会を中心に文化、教養面の企画で婦人の自覚をたかめるなど、共通点が多かった。
ただ、関消連関係は労働者家庭を対象にしており、副業や産児制限問題などを取り上げた点に特徴があり、関消連婦人部は野田醤油争議での亀甲万醤油ボイコットでは先頭にたって取り組んだ。
先の〈表0-3-3〉(省略)にあるとおり、前記の組合以外に盛岡市消費、鶴岡・共同社、福島消費、東京・共同会、大東京消費、家庭購買、長野・旭購買、京都購買、西陣購買、甲陽消費、伊丹消費、鳥取購買、愛媛・八幡浜消費、佐世保軍港購買の各組合に婦人部や家庭会が組織されていた(1935年現在)。
婦人に参政権が認められず婦人の社会参加の場が少なく、組合員は「戸主」が普通であった当時の購買組合の状況では生協の婦人部・家庭会活動は組合員家族の婦人にとって大変、有意義であった。台所にとじこめられていた当時の家庭婦人が生協の力で社会に出てきたことを意味し、一方で、婦人の参加は生協の生協らしい運営の保証にもなった。
以上

【2010/06/28 21:08】 | アーカイブ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック