『21世紀の新協同組合原則』表紙jpg画像

<Mより発信>
先に2010年度JCCU協同組合塾の例会のご案内をしていますが、参考テキストの詳細のご紹介をします。
コープ出版の役職員向け「初夏のブックフェア」の締め切りが近づいていますので、申し込みをお急ぎくださいますようお願いしますm(_ _)m

6/30の第1回例会テーマ:「世界の協同組合の歴史と協同組合原則」の参考テキスト情報

参考テキスト『21世紀の新協同組合原則』<新訳版>栗本昭編著
判型/新書判・並製 ページ数/233頁 1050円
出版日/2006・04・25
<概要>
 ICA創立100周年記念大会の翌年、1996年1月、日本生協連の編集で発刊した『21世紀を拓く新しい協同組合原則』は、日本の生協運動の進展に影に陽に影響を与えました。「協同組合のアイデンティティに関する声明」は、ICAの場での検討に終始携わった故大谷正夫・日本生協連国際担当常務理事(当時)を中心に日本生協連として検討を重ね、当初用語を改訳する際も含めて組織的に確認した訳文でした。この部分は今回の<新訳版>でもそのままにして、その他の解説等は(財)生協総合研究所の栗本昭主任研究員(当時・日本生協連国際部長)に更に推敲を重ねてもらいました。
 また、「声明」制定後10年の間に世界と日本の協同組合にどんな影響を与えたのか、栗本研究員に執筆してもらったのがこの<新訳版>です。(「発刊に寄せて」より)
<もくじ>
発刊に寄せて
第Ⅰ部 21世紀の協同組合原則
 第1章 「協同組合のアイデンティティに関するICA声明」<日本生協連/訳>
 第2章 「協同組合のアイデンティティに関するICA声明」の背景資料<栗本昭/訳>
 第3章 「21世紀に向けての協同組合原則の宣言
      -21世紀に向けて:協同組合の過去、現在、未来」<栗本昭/訳>
 第4章 「協同組合のアイデンティティに関するICA声明」と
     「21世紀に向けての協同組合の宣言」についての決議(ICA理事会提案)<栗本昭/訳>
第Ⅱ部 新原則と10年間の生協の実践
 第1章 <解説>新協同組合原則の検討の経過、内容と意義
   1.レイドロー報告からICAアイデンティティ声明へ
   2.ICAアイデンティティ声明の内容についての補足的説明
   3.「協同組合のアイデンティティに関する声明」の意義
 第2章 新協同組合原則は生協の実践にどのような影響を与えたか
   はじめに
   1.協同組合の価値に関連して
   2.組合員の参加の原則に関連して
   3.協同組合の自立と自治の原則に関連して
   4.教育、訓練および広報の原則に関連して
   5.協同組合間の協同の原則に関連して
   6.コミュニティへの関与の原則に関連して
   おわりに:未来を展望する上での論点
 おわりに

7/29の第2回例会の参考テキストも合わせてお申し込みいただきますよう、ご案内申し上げます。
『現代日本生協運動小史』<改訂新版>斎藤嘉璋著
以上

【2010/06/03 12:14】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック