FC2ブログ
20170721講師の林田光弘さん(当日中野氏撮影分)トリミング.jpg
【2017年度第1回例会(7/21)のご報告】(その2)
※その1は、こちら
※冒頭の写真は、パワーポイントを駆使して講演する講師の林田光弘さん。
 核兵器禁止条約のポイントは、①前文に「HIBAKUSHA=ヒバクシャが受けた容認できない苦しみと被害を心に留める」と入った。②「国際人道法に反する」として核兵器の「開発」「保有」「使用」が明確に禁じられた。③核兵器による「威嚇」も禁じ、核抑止の考え方を明確に否定した。④今後、未加盟の国も入るチャンスが作られた。日本における論点は「核の傘」を再考すること!核抑止論で核兵器があるから大丈夫といい、いざとなったら使いますというのは「平和」なのか。安全保障はないがしろにしないで、核兵器は使われたくないし、使わないでいくという立場でいくべきではないか。
 今後は条約を発効させ、核兵器は悪い、不要という大キャンペーンをして加盟する国を増やし、廃絶までのロードマップを作る必要がある。私たちがやるべきこととして、ダイアナ妃も参加した地雷禁止国際キャンペーンから禁止条約ができたように、まず核兵器でもルールができたことを広く知らせていくこと。そして「被爆体験」を世界に伝え、世界にとっての核兵器のイメージを転換させることが大事。

 「ヒバクシャ国際署名」は「被爆体験」を広げるためのツール。署名は媒体であり、大事なのは何を伝えるかとそのプロセス。安全保障や「核抑止」の議論の中でも、常に被爆者の体験を考え、想像し、伝えていくこと。北朝鮮のことを持ち出すような人にも伝えていく必要がある。「使った時のことを考えていますか?北朝鮮の人々の上にヒロシマ・ナガサキのような非人道的な惨劇を起こしてよいと思うのですか?」「自分たちを守るために核兵器使用は選択肢にしない、そういう高い次元で見ているんですよ」と普通のトーンで語りかけることができるかどうかが問われている。
 「被爆体験」を語るにも壁がある。人間関係が築けて初めて語ってくれる。また、被爆体験は8月6・9日に閉じ込めないこと。その日のことだけでなく、その後の苦しみもある。また、語り部や被団協のリーダーも世代交代が進んでいる。記憶がある80代以上の方と記憶がない70代以下の方との区別もやめなくてはいけない。そうして後世に「被爆体験」を伝えていく必要がある。
そして、“核兵器廃絶”を諦めないこと。馬鹿にされても言い続けること、当たり前でなかったことも当たり前に変わっていく。諦めないで連帯していくことが必要だ。

 質疑応答では、「署名運動の取り組み方について学習が先で署名が後という段階論をとるのがよいのか、並行するのがよいのか、活動参加の場は複線化していくことが大切なのではないか」という質問があり、林田さんは、「署名はその紙を提示して話をすることで相手に私たちの考え方をわかってもらうための媒体。運動にはグラデーションがあるのが当然。敷居をなるべく下げて参加を広げることと、突き詰めて学び研究するような人たちがいることも大事」とさらっと答えられた。第二部の懇親会での「一人ひとこと」タイムでもそこに納得したという声が出され、共感が広がっていた。

 2020年まで取り組まれる「ヒバクシャ国際署名」の今年の総会への提出について「職員の掲示板」に報告記事が掲載されましたが、10月の衆議院解散・総選挙の結果は厳しいものとなりました。核兵器廃絶、平和を守るための憲法改正の議論、つながったものとして学びながら声を上げていくことが求められていると思いました。
(参考)「国連広報センター」の7/7付け「国連会議、核兵器禁止条約を採択」の記事のURLは以下。
http://www.unic.or.jp/news_press/info/25081/
※下の写真は、会場を後方から撮影したもの。 
20170721林田さん講演全体15%縮小トリミング.jpg

【2017/11/30 00:01】 | 主催企画報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック