上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Yより発信>
 日本に一番近い国・韓国の生協運動について、皆さんはご存知ですか?
今回の学習会では、生活クラブ連合会で国際担当、1996年の日本生協連韓国調査団・団長を歴任、現在は参加型システム研究所とJC総研で客員研究員をされている韓国生協運動研究の第一人者である丸山茂樹さんを講師にお迎えし、韓国の生協運動の歴史と概況と「協同組合基本法」の内容、ソウル市の「協同組合都市-ソウル構想」の概要とその実践について解説いただきます。
 韓国では1999年に生協法が施行され、それまで任意団体や社団法人として活動していた「生協」が、生協法人として活動できることとなりました。更に、2012年に協同組合基本法が施行され、5人から協同組合を設立することができ、事実上事業範囲の制限が撤廃されて、あらゆる分野での事業活動が展開できることになり、社会的協同組合も多数誕生しました。
 また、ソウル市では、2011年に誕生した朴市長のもとで「協同組合都市-ソウル構想」が発表され「社会的経済基本条例」が制定されました。日本と同様に非正規社員化が進み、格差の拡大、貧困問題が深刻化している韓国において、ソウル市ではこれらの問題解決の大きな柱に、協同組合育成を位置づけているわけです。日本生協連では「2020年ビジョン第2期中期方針(案)」の重点課題で、「安心してくらせる地域社会づくりへの参加」を位置づけていますが、このソウル市での実践は、私たちにとっても大いに参考になると考えます。

【2015年度第2回例会(2/10)のご案内】
テーマ:「韓国における生協運動と協同組合基本法」  
講師:丸山茂樹さん(参加型システム研究所・JC総研 客員研究員) 

日時:2016年 2月10日(水)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:日本生協連コーププラザ4F 小3会議室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/366626/
以上

【2016/01/12 19:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。