20151219ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐつどい60%トリミング
<Mより発信>
「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」の「継承ブログ」の記事より以下、ご紹介します。

【12/19 「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐつどい」のご案内】
 被爆70年の今年はヒロシマ・ナガサキをはじめ戦争体験の「継承」が大きなテーマになっています。被爆70年の各地の今年の取り組みを紹介・交流し、来年以降の取り組みにつなげていくために「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐつどい」を開催します。
 ヒロシマ・ナガサキを継承していく各地でヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐ取り組みをしてきた方、これから何か始めようと考えている方、ちょっと関心があるんだけれどという方…、さまざまな人たちが参加できるつどいです。あなたもぜひ、ご参加ください。

日時 :12月19日(土)午後1時半~4時半(開場は13時)
場所 :東京四ツ谷 主婦会館プラザエフB2クラルテ
(東京都千代田区六番町15 JR四ツ谷駅麹町口出てすぐ)
主催 :ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク
参加費:500円(高校生以下無料)

【企画内容】
■ミニ映像作品上映「ヒロシマ・ナガサキから未来へ」
  (ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク制作)

■開会挨拶 岩佐幹三さん
  (ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会代表理事、日本被団協代表委員)

■全体企画 「ヒロシマ・ナガサキを伝えるということ」
  (お話 川崎哲さん:NGOピースボート共同代表。
       核兵器廃絶国際キャンペーン国際運営委員)
   ※川崎哲さんのブログより著書の紹介
    岩波ブックレット『核兵器を禁止する』

■被爆者の証言
 (証言者 千葉県原爆被爆者友愛会の被爆者、
  聞き手 コープみらい組合員のお母さん)

■各地の取り組みをつなぐリレートーク
①修学旅行や授業での被爆体験の継承(中学校の先生)
②福島のこと・マーシャルにいったこと・子ども若者フォーラムに取り組んだこと(大学生)
③被爆者運動資料の整理作業に参加して(大学生)
④被爆者聞き取り冊子普及を通じて(千葉県被爆者聞き取り実行委員会)
⑤高校生(高校生平和ゼミナール)
⑥被爆者と世界をまわって(仮題)(ピースボートに乗船した若者)
⑦NPT再検討会議に初めて被爆二世として参加して(東京被爆二世の会)
⑧被爆者ひとりひとりの人生と出会う(the pigeon voices)
⑨タイトル未定(ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク)

■ミニコンサート
 (コカリナ演奏 黒坂黒太郎(正文)、歌 矢口周美)

■会場発言(発言時間は3分、時間厳守でお願いします)

以下をクリックするとチラシ等のPDFをダウンロードいただけます。
2015.12.19 つどいチラシ(10.29版)
2015.12.19 つどい参加申込書

【お問い合わせ・連絡先】
事務局 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会(島村)まで
E-mail:  shimamura_kiokuisan@yahoo.co.jp
直通TEL/直通FAX 03-5216-7757

【2015/12/03 21:15】 | 情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック