<Mより発信>
 連帯社会研究交流センター(ReCSS/通称:レックス)は、連合大学院(連帯社会インスティテュート)と密接に連携し、その教育活動を支援する機関です。連合大学院(2015年度開講)で学ぶ院生の調査・研究活動のサポート、社会的問題・課題をテーマとしたセミナーやシンポジウムの開催などを主な活動とし、労働組合をはじめNPO、社会的企業など、公益を追求する組織を率いる次世代リーダー育成の一翼を担っています。
 JCCU協同組合塾2010年度第1回例会で「世界の協同組合の歴史と協同組合原則」というテーマでご講演いただいた栗本昭さん(当時生協総研主任研究員)が連合大学院の教授になられています。標記の企画について、塾のブログでのご紹介もさせていただけることになりましたので、遅ればせながらも以下、ご案内いたします。

【2015年度「連帯社会」連続講座】
主催:公益財団法人 日本労働文化財団、連帯社会研究交流センター

 「連帯社会研究交流センター」は、連合、日本労働文化財団、労働者福祉事業団体、生活協同組合が法政大学と連携して設立する修士課程大学院コース「連帯社会インスティテュート」(通称:連合大学院)の支援・連携組織として、連帯社会構築にむけてのさまざまな研究交流の機会を企画・実施しています。
 このたび、昨年度に引き続き、「連帯社会」に関わる研究者の方々に問題提起をいただく連続講座を企画いたしました。全7回の日程とテーマは下記のとおりですので、ご関心のある方々に広くご参加いただきますようお願い申し上げます。
 なお、参加申し込み方法につきましては、連帯社会研究交流センター・ウェブサイト上で行なう方法をとらせていただきますので、当サイトの「イベント・シンポジウム」をご参照ください。

第1回:共助と連帯
日時:2015年9月26日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学58年館877教室
講師:高木郁朗(日本女子大学名誉教授)

第2回:連帯経済を紡ぎ出す社会的企業
日時:2015年10月17日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学58年館877教室
講師:藤井淳史(立教大学教授)

第3回:生活保障刷新へのビジョン
―迷走する「一体改革」を超えて
日時:2015年11月21日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学58年館865教室
講師:宮本太郎(中央大学教授)

第4回:連帯経済の視点から連帯社会を考える:
経済・コミュニティ・政治のあり方をめぐって
日時:2015年12月19日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学58年館877教室
講師:北島健一(立教大学教授)

第5回:当事者主権の福祉連帯社会へ
―女性・高齢者・障害者
日時:2016年1月23日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学新見附校舎A305教室
講師:上野千鶴子(立命館大学教授)

第6回:戦後の民主主義と平和主義を再構築する
日時:2016年2月27日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学新見附校舎A305教室
講師:山口二郎(法政大学教授)

第7回:ヒーローを待っていても世界は変わらない
日時:2016年3月5日(土)13:30~15:30(13:00開場)
場所:法政大学新見附校舎A305教室
講師:湯浅誠(法政大学教授)

※法政大学市ヶ谷キャンパスの施設情報はこちら

~お問い合わせは以下のところまで~
連帯社会研究交流センター(ReCSS)
e-mail:info@recss.jp

【2015/11/18 12:53】 | 情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック