20150830国会包囲行動国会前庭から60%縮小
<Mより発信>
「8.30国会包囲行動」に行ってきた。13時に職場の現役・OB有志の皆さんと待ち合わせをしたのは私の部署のある四ツ谷の事務所前!曇り空から小雨が落ちてくる中を、これまでで一番多い参加人数で国会議事堂前に向かう。ところが丸の内線の国会議事堂前駅も出口からスムーズに地上に上がれないようなものすごい人出だったので、別の出口に移動している間にはぐれてしまったメンバーも多数!
はぐれずに青色と黄緑色の2つの幟旗の下に集まったお仲間は、通常はクローズしている国会前庭公園が解放されたのでそこにいた。樹の下にいたら傘がいらなかった。
上の写真で遠くに見える群衆が国会正門前のメインステージのあたり。SEALDsの若い皆さん方が陣取っている。全国20カ所のSEALDsメンバーも600人が駆けつけたとのこと。「安倍やめろ」という横断幕のついたSEALDsメンバーの力作の白黒風船が移動していくのも見えた。
「SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)自由と民主主義のための学生緊急行動」のfacebookはこちら
とにかくものすごい参加者の数。60年安保闘争の国会包囲と同じぐらいになるんじゃないかという予感。いろいろなプラカードが掲げられている。私もこの間の集会などで配布されていた赤と紺色の両面の厚紙タイプを持ち帰ってA3版のハードケースに入れたもの、同様に手に入れた虹色の小ぶりの団扇を持っていった。
全国で100万人行動が提起され、14時、15時、15時55分に全国一斉でコールを上げるという。最近は「コール」といい、マイクを持って先導する役割の人を「コーラー」さんというらしい。若い女性のコーラーさんが早いテンポでコールするのでついていくのがオバさんにはけっこう大変(笑)
○戦争法案絶対反対!
○戦争法案今すぐ廃案!
○今すぐ廃案!
○強行採決絶対反対!
○戦争反対!
○9条守れ!
○安倍政権の暴走止めよう!
○みんなの力で暴走止めよう!
○安倍政権は
○今すぐ退陣!
とコールがしばらく続いて小休止となり、スピーチタイムとなるのを繰り返していく。コールの際にハードケース入りのプラカードを掲げ、それに団扇を打ちつけると鳴り物代わりになり、なかなかいい感じだった。

はぐれた人たちもFacebookで自分がどこにいるかを写真つきの記事アップをしてくれる。SEALDsの若い皆さん方が陣取っている国会正門前に合流した人も多数!OBの方々も多いので体力を考え、14時と15時のコールタイムまでで三々五々、グループごとの自由行動となった。アラフィフ女子3人は、日比谷公園の脇を歩いて日比谷に出てお茶をして帰宅。
(追記)
空撮のためのヘリコピターが出ていて、テレビや新聞でも報道してくれた。下の写真は翌日8/31の東京新聞の一面。国会議事堂前の車道にまで人があふれたのは60年安保の時以来だという。
官邸はこれがよほど気に入らなかったようで、その後「国会前を埋めつくしている写真を撮らせるな」という指示が出され、警察の過剰警備によって議事堂前の垂直方向のセンター部分だけには絶対に人を入れないように警察車両を隙間なく並べてガードさせ、警察官の人数も増やしていた。ストリートデモクラシーの熱い姿を国民に見せないように知恵を絞ってきたようだ。その後の空撮映像はそのねらい通りに迫力がそがれているのがわかった。
20150831東京新聞一面60%縮小

【2015/08/31 22:23】 | 情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック