20140731第1回例会被爆証言聞き取りの様子12縮小
<Mより発信>
 JCCU協同組合塾の2014年度第1回例会の概要です。(写真は幹事メンバーによる撮影)。

【2014年度第1回例会(2014年7/31)「ヒロシマ・ナガサキを聴き、語り、受け継ごう」の報告】
1.開催日時:2014年7月31日(木)18時~21時30分
2.参加者:日本生協連コーププラザ2F 震災対策室
3.テーマ:「ヒロシマ・ナガサキを聴き、語り、受け継ごう」
4.講師:地元東京にいらっしゃる3名の被爆者の方々
5.今回の企画について
 日本生協連の創立総会は、その前年に朝鮮戦争が勃発して米軍占領下の日本も巻き込まれ、マッカーサーが核兵器使用を考えたという緊迫した状況のもとで開催され、「平和宣言」、「平和とよりよき生活のために」が盛り込まれた「創立宣言」が採択された。国連軍縮特別総会、国際司法裁判所の勧告的意見を引き出した「世界法廷運動」、その後のNPT再検討会議には日本から核兵器廃絶を訴える声を届けるため、生協からも代表を送り出してきている。来年の被爆70周年にあたる2015年の同会議にも代表団が派遣される予定。
 JCCU協同組合塾では、昨年度第1回例会(2013年7月)で「生協の平和活動の歴史とこれからの課題」について学び考えた。「NPO法人 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」は日本生協連、日本生協連労働組合ともに賛助団体になっており、「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ごう」という共同行動に取り組んでいる。
 しかしながら、平和の取組みに参加している人でも「被爆者の方のお話はヒロシマ・ナガサキに行かないと聞くことができない」と思われている方が多いことが、この間にわかってきた。そこで今年度第1回例会は、昨年に続く平和のテーマで、地元東京の被爆者の会にご紹介いただいた被爆者の方々のお話をお聴きすることにした。さらに教室型で講演を聞くのではなく、少人数のグループに分かれてじっくりと聴くというやり方にした(冒頭の写真)。少人数での聞き取りは、証言者の方が大勢を前にするのとは違う心構えでお話くださるので、お話するにつれての感情の変化が表情や息遣いなどからも感じとることができ、受け継ぎ手も適宜気軽に質問ができて、言葉や気持ちのキャッチボールができて、より深く感じたり考えることができる。
 今回もまとめの全体会(下の写真)のグループからの概要報告でそのよさが報告されていた。今回の証言もきちんとまとめて同会にお届けし、次世代と世界に伝えるために活用していただくことにする。
20140731第1回例会まとめの全体会12%縮小

6.例会第1部の概要
【すすめ方】
18:00~18:10  全体で企画趣旨説明
18:00~18:15  グループ設営と移動
Cグループは4階の小1会議室に移動
18:15~19:05 ご証言をお聴きする
19:10~20:00 グループディスカッション
20:00~20:10 まとめの全体会
 協同組合塾の幹事より今回例会の企画について説明し、「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ごう」という共同行動に取り組んでいる生協労連の平和担当の大井書記次長よりご挨拶をいただいた。生協労連の平和委員会でも地元東京の被爆者の方の証言の聞き取りを行ったとのこと。今回は、昨年7月の例会に参加された大学生協の方が大学生協連学生委員会メンバーにお声をかけて下さって、4名の学生常勤の若者と一緒に参加してくださった。大学生協連でも被爆者の思いを受け継ぐ取組みを強めているとお聞きしている。日生協労組書記局からも小学生のお子さんたちと一緒に参加いただく参加者もあって、受け継ぎ手の側の参加者の年齢層は10代から60代以上まで幅広く、ご証言をいただく3名の方を含めて27名の参加をいただいての開催となった。冒頭の全体説明の後、2つの部屋で3つのグループに分かれて証言を聞き、語り合った(そこでの様子は感想文のところでご紹介する)。
 まとめの全体会では、それぞれのグループからの簡単な報告を聞いて、今回のように被爆者の思いも含めて受け継いでいける場をこれからも作っていくことの大切さを共有化することができた。この場で日生協労組の小笠原委員長からもご参加いただいた感想とともに、労組の平和の取組みの現状と決意表明もいただいた。
協同組合塾は日本生協連職員有志の勉強会ではあるが、外部からの参加もしていただいて一緒に学び交流することができ、そのことで視野を広げる機会にもなっている。このよさも大事にしていきたい。

7.各グループのご証言者のご紹介
今回の証言者の皆様が、ご証言されている映像がインターネットで公開されているものがありました。こちらでのご紹介もご快諾いただきましたので、リンクをつけてご紹介いたします。各グループの参加者の感想は、たたまれている部分をクリックしてください。
【Aグループ】 証言者:柴田フミノさん:ユーチューブ「被爆者の声」より
【Bグループ】 証言者:仲伏幸子さん:国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館 平和情報ネットワークの証言映像より
【Cグループ】 証言者:奥田豊治さん:ユーチューブ「被爆者の声」より

8.第2部の懇親交流会(20:15~)
 4階小会議室に懇親交流会の場を設けた。ご高齢の証言者の方々には遅い時刻になるためにお願いはしないでおいたが、男性の証言者が参加してくださった。夏休み中でもあり、10歳の双子ちゃんにはお母さんの職場見学も兼ねて参加してもらうことができ、受付のお手伝いもしてもらえた。懇親会ではおにぎりをたくさん食べてくれて、まさに未来を担う子どもたちのエネルギーに大人たちも元気をもらえたと思う。

 以下に、参加者の感想のご紹介があります。
9.参加者の感想文より (感謝の言葉は割愛します)
【Aグループ】 証言者:柴田フミノさん
(20代・女性) よく「直接話を聴ける最後の世代」と言われていて、その中でも自分には何ができるのだろうと考えています。そして今日、柴田さんのお話を聴いて、次の社会を担っていく世代として行動していかなければならないと思いました。“戦争は人殺し”ということを柴田さんが「伝えたい」と思った気持ちを今度は私が「伝えていきたい」です。これから大学生を相手にする仕事につくので考える場も作っていきたいです。どうかお元気で。
(40代・男性) 柴田さんのお元気な姿に被爆でつらい思いをされた方とは思えず、こちらが元気づけられました。後世に語るのは使命との言葉が印象に残っています。悲惨な話はしたくないという気持ちがあるが、若い人に話をした方がいいとの思いで話をされている姿に、自分たちも戦争のない世の中にするためにしっかり伝えていきたい。
(60代・女性) 柴田フミノさんのお話は、大変率直で淡々と当時のことを語られたのですが、お兄さん、お母さんが次々と原爆症で亡くなられたことはすごい体験だったと思います。何度も「戦争はイケナイ!!」とくりかえされたお気持ち、それだけの思いで今の語り部をしているとおっしゃったことにインパクトを受けました。若い人に伝えたいという使命を抱いて毎日を生きていらしていることに勇気をいただきました。

【Bグループ】 証言者:仲伏幸子さん
(10代・男性) 話をきいて大変だったんだなと思った。いろいろな人がぎせいになって悲しいことだと知った。次の世代に伝えなければいけないことだなと思った。いろいろなことを知れていい機会になったと思った。
(10代・女性) 子どもには少しむずかしかったけど、これから生まれる未来の子どもたちにも伝えていきたい。
(20代・女性) 初めて語り始めた時、その頃の自分に戻らないと語れなく、その頃の自分に戻ると必ず母が出てくる。それがつらく語ることができなかったというお話が印象的でした。ノーモア・ヒバクシャの事務局の方から被爆をされた方すべてが語れるわけではなく、語って下さる方も自身の人生を開いて伝えて下さっている、その覚悟を受けとめてほしいと言われたことを思い出しました。
(50代・男性) 加害者への思いを問われた時、そこから平和への道すじはない、とお答えになられたことに感銘を受けました。最初、お話をされた頃、5歳9か月の時の記憶をたどらなければならず、涙で何もおっしゃれなかったとの由ですが、そのような辛い思いをおして、お話をされるエネルギーを、私たちは受けとめ、伝えていくことの大切さを感じています。

【Cグループ】 証言者:奥田豊治さん
(20代・男性) 証言を聞くときは当時の雰囲気がかなり伝わってきて、お話を聞く機会は大事だと思った。どのようにして若い世代に広めていくか、しっかり考えたい。
(30代・男性) 過去に被爆の証言を聞いて感じたことを手紙に書いて伝えるという分科会に参加したことがありますが、その時に被爆経験者の話を言葉や文字にして伝えることの難しさを思い知らされた次第です。今の広島、長崎の姿から被爆当時を想起することは困難ですが、きちんと現場に行って、私よりさらに若い世代に語り継いでいきたいと思います。核はやはり人類と共存できません。このような悲劇は二度とくり返したくないです。そのための努力をこれからも続けていきたいと思います。
(50代・男性) 今日、聞き学んだことを自分の中で消化し、まわりに伝えていきたいと思いました。奥田さんの話されていた、広島の街が「ベチャッと押しつぶされた」「なんとも言えないひどい臭いがした」という経験者に感じることができない感覚を聞くことができた。理論と共に、感情や想いも伝え、核兵器廃絶の運動を広げ、実現に近づけたいと思いました。
以上


追記を閉じる▲
9.参加者の感想文より (感謝の言葉は割愛します)
【Aグループ】 証言者:柴田フミノさん
(20代・女性) よく「直接話を聴ける最後の世代」と言われていて、その中でも自分には何ができるのだろうと考えています。そして今日、柴田さんのお話を聴いて、次の社会を担っていく世代として行動していかなければならないと思いました。“戦争は人殺し”ということを柴田さんが「伝えたい」と思った気持ちを今度は私が「伝えていきたい」です。これから大学生を相手にする仕事につくので考える場も作っていきたいです。どうかお元気で。
(40代・男性) 柴田さんのお元気な姿に被爆でつらい思いをされた方とは思えず、こちらが元気づけられました。後世に語るのは使命との言葉が印象に残っています。悲惨な話はしたくないという気持ちがあるが、若い人に話をした方がいいとの思いで話をされている姿に、自分たちも戦争のない世の中にするためにしっかり伝えていきたい。
(60代・女性) 柴田フミノさんのお話は、大変率直で淡々と当時のことを語られたのですが、お兄さん、お母さんが次々と原爆症で亡くなられたことはすごい体験だったと思います。何度も「戦争はイケナイ!!」とくりかえされたお気持ち、それだけの思いで今の語り部をしているとおっしゃったことにインパクトを受けました。若い人に伝えたいという使命を抱いて毎日を生きていらしていることに勇気をいただきました。

【Bグループ】 証言者:仲伏幸子さん
(10代・男性) 話をきいて大変だったんだなと思った。いろいろな人がぎせいになって悲しいことだと知った。次の世代に伝えなければいけないことだなと思った。いろいろなことを知れていい機会になったと思った。
(10代・女性) 子どもには少しむずかしかったけど、これから生まれる未来の子どもたちにも伝えていきたい。
(20代・女性) 初めて語り始めた時、その頃の自分に戻らないと語れなく、その頃の自分に戻ると必ず母が出てくる。それがつらく語ることができなかったというお話が印象的でした。ノーモア・ヒバクシャの事務局の方から被爆をされた方すべてが語れるわけではなく、語って下さる方も自身の人生を開いて伝えて下さっている、その覚悟を受けとめてほしいと言われたことを思い出しました。
(50代・男性) 加害者への思いを問われた時、そこから平和への道すじはない、とお答えになられたことに感銘を受けました。最初、お話をされた頃、5歳9か月の時の記憶をたどらなければならず、涙で何もおっしゃれなかったとの由ですが、そのような辛い思いをおして、お話をされるエネルギーを、私たちは受けとめ、伝えていくことの大切さを感じています。

【Cグループ】 証言者:奥田豊治さん
(20代・男性) 証言を聞くときは当時の雰囲気がかなり伝わってきて、お話を聞く機会は大事だと思った。どのようにして若い世代に広めていくか、しっかり考えたい。
(30代・男性) 過去に被爆の証言を聞いて感じたことを手紙に書いて伝えるという分科会に参加したことがありますが、その時に被爆経験者の話を言葉や文字にして伝えることの難しさを思い知らされた次第です。今の広島、長崎の姿から被爆当時を想起することは困難ですが、きちんと現場に行って、私よりさらに若い世代に語り継いでいきたいと思います。核はやはり人類と共存できません。このような悲劇は二度とくり返したくないです。そのための努力をこれからも続けていきたいと思います。
(50代・男性) 今日、聞き学んだことを自分の中で消化し、まわりに伝えていきたいと思いました。奥田さんの話されていた、広島の街が「ベチャッと押しつぶされた」「なんとも言えないひどい臭いがした」という経験者に感じることができない感覚を聞くことができた。理論と共に、感情や想いも伝え、核兵器廃絶の運動を広げ、実現に近づけたいと思いました。
以上

【2014/08/17 23:17】 | 主催企画報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック