<Mより発信>
パルシステム生協連合会の志波さんからご案内いただきましたので、ご紹介いたします。
「日本協同組合学会新理論研究会」が下記のように開催されるとのことです。2部構成で前半は今期の秋季研究大会シンポジウムにつながる報告と問題提起、後半はIYC記念全国協議会協同組合法研究会からの報告を受けての懇談会を予定しています。是非ご参加ください。

【日本協同組合学会「新理論研究会」のご案内】
日時:2014年7月12日(土) 13:30~17:45
場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟2階第9会議室
JR御茶ノ水駅、地下鉄御茶ノ水駅・新御茶ノ水駅・小川町駅・神保町駅より徒歩数分

【第1部】 13:30~15:30
女性部会報告 「非営利組織の働き方 ~ ワークライフバランスに注目して」
今年発足した女性部会では、若手女性研究者の研究を深める機会として20代の研究者の視点を共有しながら議論をしたいと考えています。
秋季大会の「働き方」課題に繋がるよう、非営利組織での働き方の実証研究から、現代的な問題提起をいただくこととしました。
座長:近本聡子(公益財団法人生協総合研究所)
第一報告
「生協は女性職員の希望する働き方に応えているか?~当事者からのヒアリング事例を基にして」
熊倉ゆりえ(明治大学大学院 博士後期課程)
第二報告
「非営利組織の優位性に関する研究~介護系ワーカーズ・コレクティブ内の役割認識からの検討」
橋本りえ(株式会社関西計画技術研究所 研究員)

【第2部】 15:45~17:45
国際協同組合年記念協同組合全国協議会(IYC記念協議会)との懇談会
テーマ:日本の協同組合法制について考える~IYC記念全国協議会の協同組合法研究会報告を聞いて
日本の各種協同組合により協同組合の活性化に向けた協議の場として2013年に設立されたIYC記念
全国協議会は、2013年度に既存の協同組合に関する法律について比較検討する研究会を開催しました。
その結果を報告いただき、現状の問題点や今後のあり方についてざっくばらんに意見交換します。
報告 IYC記念協議会より
前田健喜(全国農業協同組合中央会)
金田和彦(日本生活協同組合連合会)
前田和記(生活クラブ事業連合生活協同組合連合会)
参加費 1000円

問合せ先:JC総研(日本協同組合総合研究所)協同組合研究部 内
日本協同組合学会事務局
  TEL:03-6280-7254 FAX:03-3268-8761
以上

【2014/07/04 20:37】 | 情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック