<Mより発信>
 2014年度第1回例会のご案内です。昨年度よりJCCU協同組合塾では「未来を拓くために、過去・現在を見つめる」というテーマを掲げています。

 日本生協連は1951年3月、前年の日協同盟総会での決議にもとづき発足。日本生協連の創立総会は、その前年に朝鮮戦争が勃発して米軍占領下の日本も巻き込まれ、マッカーサーが核兵器使用を考えたという緊迫した状況のもとで開催されました。そのような中で、「平和宣言」、「平和とよりよき生活のために」が盛り込まれた「創立宣言」が採択されました。
国連軍縮特別総会、国際司法裁判所の勧告的意見を引き出した「世界法廷運動」、その後のNPT再検討会議には日本から核兵器廃絶を訴える声を届けるため、生協からも代表を送り出してきています。来年の被爆70周年にあたる2015年の同会議にも代表団派遣の予定です。
昨年度第1回例会で「生協の平和活動の歴史とこれからの課題」について学び考えました。「NPO法人 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」は日本生協連、日本生協連労働組合ともに賛助団体になっており、「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ごう」という共同行動に取り組んでいます。
被爆者の方のお話はヒロシマ・ナガサキに行かないと聞くことができないと思われている方が多いのではないでしょうか?JCCU協同組合塾は今年度第1回例会を、地元東京の被爆者の会にご紹介いただいた被爆者の方々のお話を少人数のグループに分かれてじっくりと聴くという場を持ちたいと思います。今回の証言もきちんとまとめて同会にお届けし、次世代と世界に伝えるために活用していただくことにします。

【2014年度第1回例会(2014年7/31)のご案内】
テーマ:「ヒロシマ・ナガサキを聴き、語り、受け継ごう」  
講師:地元東京にいらっしゃる被爆者の方々  

日時:2014年7月31日(木)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:コーププラザ2F 震災対策室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/183800/
以上
(7/24追記)
2014『no more hibakusha』表紙スキャン画像70%縮小.jpg

「NPO ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」の概要とその活動を紹介するパンフレット『NO MORE HIBAKUSHA 受け継いで、未来へ』が発行されたとのことです。頒価は、1冊200円(送料実費)。主な内容は追記部分でご確認ください。
注文方法、ほか詳細は「継承ブログ」の該当記事をご覧ください。
『NO MORE HIBAKUSHA 受け継いで、未来へ』パンフレット概要
イラストや写真もとり入れたカラー印刷のA5判、16ページ。
頒価は、1冊200円(送料実費)です。
おもな内容は次のとおり。
●“ノーモア・ヒバクシャ”は未来へのメッセージ 会がめざすところ
●子どもたち、孫たちに 核兵器も戦争もない世界を手渡したい
●会が取り組んでいること
(1)資料の収集、保存、ネットワークづくり
(2)被爆証言の聞き取り、継承の活動
●設立をめざす「継承センター」の基本構想
●核兵器廃絶の原点 語り続けてきた被爆者たち
●記憶遺産継承の活動をご一緒に!(会からの呼びかけ)



追記を閉じる▲
『NO MORE HIBAKUSHA 受け継いで、未来へ』パンフレット概要
イラストや写真もとり入れたカラー印刷のA5判、16ページ。
頒価は、1冊200円(送料実費)です。
おもな内容は次のとおり。
●“ノーモア・ヒバクシャ”は未来へのメッセージ 会がめざすところ
●子どもたち、孫たちに 核兵器も戦争もない世界を手渡したい
●会が取り組んでいること
(1)資料の収集、保存、ネットワークづくり
(2)被爆証言の聞き取り、継承の活動
●設立をめざす「継承センター」の基本構想
●核兵器廃絶の原点 語り続けてきた被爆者たち
●記憶遺産継承の活動をご一緒に!(会からの呼びかけ)


【2014/07/18 19:12】 | 企画予定
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック