上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Mより発信>
東京都知事選挙は、都知事選の投票率は過去3番目に低い投票率の46.14%だったとのこと。残念ながら脱原発候補の一本化もならず、私の友人も誰に投票しようかと今までで一番悩んだということで、そういったことも影響したような気がします。投票率の低さは社会参加意識の低下を表しているし、社会をよりよく変えていくための取り組みを強めて参加する人を増やしていく中でこそ、人々の意識が変っていくのだと思っています。

さて、先の記事に引き続き、地域の視点で取り組む再生可能エネルギー事業についての企画をご紹介したい。主催者の協同総合研究所のHPに添付されたpdfファイルからの読み取りができないため、以下では概略のみのご紹介になってしまいます。詳細は協同総合研究所のHPの企画情報でご確認をお願いします。

【協同総合研究所のシンポジウム企画のご紹介】
1.テーマ:「農山漁村地域における地域住民主体の地域資源活用を考える-再生可能エネルギー事業の展開と課題-」
2.主催:NPO法人 協同総合研究所、国立大学法人 茨城大学、環境省
  後援:全国町村会、(一社)農山漁村文化協会、ワーカーズコープ
3.日時:2014年2月23日(日)13:00~17:00
4.会場:日本青年館国際ホール

•詳しい開催概要・プログラムはこちら

以上


【2014/02/10 23:42】 | 情報
トラックバック(0) |


Mより
都知事選挙についてどう考えるか。以下のような考え方もきちんと受け止めないと独りよがりになってしまうと思っています。そして従来よりも大同団結の輪を広げて「脱原発」運動をすすめなければ実現は難しいのではないでしょうか?
>細川・小泉両元首相の脱原発の主張は、保守層の中に、原発事故を深刻に受け止める一定の存在があることを物語る。
http://rentai21.com/?p=1538
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2681.html

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
都知事選挙についてどう考えるか。以下のような考え方もきちんと受け止めないと独りよがりになってしまうと思っています。そして従来よりも大同団結の輪を広げて「脱原発」運動をすすめなければ実現は難しいのではないでしょうか?
>細川・小泉両元首相の脱原発の主張は、保守層の中に、原発事故を深刻に受け止める一定の存在があることを物語る。
http://rentai21.com/?p=1538
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-2681.html
2014/02/12(Wed) 00:18 | URL  | Mより #9I5CiGdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。