<Mより発信>
先に11/2の「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産の継承センター(基本構想)」の実現をめざすつどいの参加報告も記事アップさせていただきました。
記憶遺産の中でも広島・長崎の被爆者の証言をお聞きして継承していくための取り組みを全国に広げていくために、
「被爆70年へ ヒロシマ・ナガサキを語り・受け継ぐつどい」が12/14(土)に開催されます。
以下、会のHPより転載してご紹介いたします。

【2013/12/14 「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐつどい」】
被爆70年に向けて、被爆者とその受け継ぎ手が協力して、被爆者ひとりひとりの声に耳を傾け、語り合い、記録に残し、世界と未来に向かって地域から発信していくヒントとしていただけるよう、下記の「つどい」を開催いたします。
ぜひ、ご参加いただくとともに、 案内状をご活用いただき、参加の呼びかけにもご協力ください。

■開催日時
2013年12月14日(土)13:30~

■開催場所
LEN会議室「新御茶ノ水」

■開催内容
・今、被爆者の証言を聞き受け継ぐ意味についてビデオ上映と被爆者のお話
・少人数での被爆証言の聞き取りとグループディスカッション(分散会1)
・取り組みを進めるヒントになる各地での取り組みの交流(分散会2)
・まとめ
※少人数での被爆証言の聞き取りを行うため、グループ分け、語り部のお願いの関係で、分散会1については事前に大体の参加人数を押さえておく必要があります。お手数ですが、参加呼びかけにあたっては11月末を第1次集約、 12月7日を第二次集約とさせていただき、定員(50名前後 8名×6グループ)になり次第、分散会1は参加を締切とさせていただきます。

参加を希望される方は、会のHPの企画情報に添付されている案内状にある参加申込用紙にてご連絡下さい。

「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」HPの企画情報はこちら

【2013/11/26 19:20】 | 情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック