上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130718コーププラザで斎藤・伊藤両氏の講演(Y幹事撮影)60%縮小
<Mより発信>
2013年度第1回例会はダブル講師企画で、斎藤嘉璋さんの「生協の平和活動の歴史」に続き、日本生協連OBで現在は「NPO法人 ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」の事務局長として活躍されている伊藤和久さんから、会の設立から今の取り組みについてのご報告をいただきました。以下に要旨を掲載します。
なお、冒頭の写真はY幹事が撮影した会場の様子です。

【ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会のめざすもの
―記録の保存・情報発信・活動交流の拠点―】


0.はじめに
 私が組合員活動部長だった1995年の“世界法廷運動”は画期的なものだった。オーストラリアの教師だった主婦が被爆者が描いた絵を見て衝撃を受け、「被爆者の話を聞きたい」という思いを抱いて始まった8年越しの運動だった。核兵器の違法性について国際司法裁判所の判断を仰ぐことになり、世界から各国政府やNGOの代表がハーグの国際司法裁判所に集まった。核保有国出身の判事もいることから却下されることを想定していたら、「核兵器の使用、威嚇は一般的に国際法に違反する」という勧告的意見が出された。その大きな力となったのは広島・長崎両市長の証言だった。国際司法裁判所の判事ですら原爆の投下で人間がどうなるのかを実はよく知らなかった。原爆のむごさ、非人道性、反人間性を多くの人たちは今も知らない。バックグラウンドにはそういった個人的な体験がある。
 生協の反核平和の取り組みでご一緒した方々からのご縁で「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」の設立から関わり、事務局長をさせていただいている。

1.背景
 1971年に日本学術会議が当時の政府に対し、「原爆資料センター(仮称)の設置について」を勧告した。(「原水爆被災資料センター(仮称)を設置して、原水爆被災問題についての学術的資料を収集・整理・保存し、これを正しく活用すること、とりわけ、このことを通じて被爆者の福祉と世界の平和・人類の福祉に寄与するよう努めることは国家的急務である」)しかしながら今日に至るまで、国を設置主体とする資料センターは実現していない。
 原爆被害者の全国組織である日本原水爆被害者団体協議会(以下、日本被団協)は、1985年の「原爆被害者調査」をはじめとする調査やその運動を通じて、自ら原爆被害の実相を明らかにしつつ原爆資料を記録に残すための「ノーモア・ヒバクシャ資料センター構想」などの検討を行なってきたが、やはり実現していない。
 長い間、被爆者支援に携わってきた弁護士、医師、学者・研究者、映画関係者、宗教者などが被爆体験の継承の現状を憂慮し、原爆被害の実相と被爆者が伝えてきた証言、記録、たたかい、未来へのメッセージを世界中の人々が共有できるようにすることをめざし、2011年12月に「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」を設立した。

2.会のめざすもの
 昨年7/15には会のNPO設立記念集会で代表理事の岩佐幹三さんが「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会のめざすところ」を報告しています。集会の報告書は以下からダウンロードできます。
http://www.kiokuisan.jp/核時代を生きる/
 世界には「平和のための博物館国際ネットワーク」に加わっている博物館や資料館が200以上ある。昨年10月に開かれた「平和のための博物館・市民ネットワーク全国交流会」に参加し、また11月には広島で公的な「日本平和博物館会議」にオブザーバー参加してきて、「ノーモア・ヒバクシャ平和資料館」というような施設を首都東京につくり、世界の若者達に知らせていけるようにすることの意味がより明らかになった。ゆくゆくは公的機関として位置づけさせたり、国連との連携がはかれるようにもしていきたい。

3.当面の取り組み
(1)「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産の継承センター(仮称)」を設立する
 被爆者が次代に残せるたった一つの遺産として、原爆が人間に何をしたのかがわかり、人類が二度とあのあやまちをくり返さないための砦として、被爆者の死と生、被爆者のたたかい(運動)のミュージアムをつくりたい。
「継承センター 素描イメージ」参照(ただし、ブログには掲載できないのでご希望の方はコメント欄などでご連絡ください)。
1)資料の収集・保存
①原爆被害・体験の実態調査や研究資料。
②被爆者運動史資料(日本被団協や各地の被爆者団体から継承する)。
③被爆者個人の体験記・自分史・語り・聞き書きの記録。生協も聞き書きの取り組みをやったが未来永劫残すことになっていないと思う。冊子になって終わっているものも電子情報にして発信するなどの活用が考えられる。
④被爆体験の絵画・小説・詩歌・音楽、ほか
2)研究
調査研究資料や運動の史資料などは保存をするにしても専門家による整理・保存が必要。そこからさらに調査史研究などもできるようにする。
3)情報発信
 インターネットで世界中からアクセスしてもらえるよう、本格的なwebサイトを構築する。イメージとしては首都大学東京システムデザイン学部准教授の渡邉英徳さんが制作した「ヒロシマ・アーカイブ」「ナガサキ・アーカイブ」をネット検索して見ていただきたい。
「ヒロシマ・アーカイブ」 http://hiroshima.mapping.jp/
「ナガサキ・アーカイブ」 http://nagasaki.mapping.jp/
4)継承
 アーカイブズとして人類史の中に残す継承の取り組みとともに、継承の取り組みの中で人材も育成組織する(専門家、職員、サポーター)。

(2)原爆被害者による「原爆の非人道性に関するレポート」を国連に提出する
原爆被害の全体像を記憶遺産として伝えていく。

(3)被爆者との対話・交流、聞き取り、継承活動をすすめる
 被爆者が被爆の実相を語り伝えてきたからこそ、核兵器の使用は「むごい」ことだという認識が広がってきた。それが元米国務長官パウエルがインド・パキスタンの緊張激化の中で核兵器使用を思いとどまらせるためにヒロシマ、ナガサキの被爆の「むごさ」を強調したということにつながっている。いま日本にいる人たちだからできる取り組みで、各地域で若い世代が被爆者の体験を追体験して受け継いでいく。

 「継承センター(仮称)」構想もまとまり、2015年の被爆70年に向けて活動を本格化していく。学習会参加者の皆様にもこれからのご協力をお願いしたい。
※「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」のHPのURLは以下の通りです。
http://www.kiokuisan.jp/

2013年度第1回例会のご報告(講師:斎藤 嘉璋 氏)「生協の平和活動の歴史」 その1
2013年度第1回例会のご報告(講師:斎藤 嘉璋 氏)「生協の平和活動の歴史」 その2
2013年度第1回例会のご報告(講師:斎藤 嘉璋 氏)「生協の平和活動の歴史」その3

【2013/08/07 12:46】 | 主催企画報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。