<Mより発信>
『現代日本生協運動史・資料集』の「戦前の生協運動の概観」に標記の資料が見つかった。
CD-ROM版の史料番号は00-2-1-07。CD-ROM版の操作性はあまりよいとはいえないが、それでも印刷物では大変なボリュームになってしまう資料が入っているのが有難い。

【賀川豊彦「死線を越えて」より消費組合設立の活動】
 米騒動を見た新見栄一は、低能な政府が、ただ一億五千万円の米穀調節基金を準備して、政商どもに、儲けさせる工夫を考へてゐると云ふことを知って憤慨した。彼は覚束ないながら消費組合運動に着手した。
 日本の凡ての人が凡ての商人の手を離れて、自ら組合を作り、生産者から直接に仕入れることになれば、誰れも損をするものはなく又誰れも得をするものもなく、商業上の投機と、労働階級から搾取することもなくなる。さう考へた新見栄一は労働運動をする傍ら、消費組合の完全なものを造らねばならぬと努力した。

 労働組合の仲間では、消費組合に対して議論が区々であった。或者は『それは階級斗争の精神を鈍らす』と云ひ、或者は『労働組合の勢力を二つに割るから駄目だ』と云ふて反対した。然し、新見は社会的秩序と互助組織を得る為めに、消費組合は、生産階級を助けこそすれ、それを破壊するものではないと深く信じた。彼は敢然として、凡ての反対に眼をくれないで、その宣伝にとりかかった。………

 彼は先づ、それを村山佐平の弁護士になってくれた今村博士に話した。今村博士は大賛成であった。それから新見は大阪のキリスト教信者の間を馳け廻って、同志のものを集めた。然し、教会の人人の多くは、中産階級のもので、あまり困って居らぬものだから、彼の説に賛成はしても運動に加わってくれるものは少なかった。

 彼はブラッシュ会社を作った時と同じやうに祈りつつ組織に着手した。彼が熱心に説くものだから、砲兵工廠に働いてゐる職工からも、印刷工場に働いてゐる労働者の間にも、数百名の賛成者が出来た。伏見教会の牧師の義弟梅野兼三君は商業学校を卒業したばかりであったが、事務の方を扶けてやらうとすぐ会員募集に従事してくれた。八月の終りには略々形も整ふことになった。………

〔賀川豊彦全集第14 巻、531~532 頁〕
※この全集も日本生協連資料室には揃っている。

【2010/04/30 12:32】 | アーカイブ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック