上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120713コーププラザで城南信用金庫吉原理事長の講演(Y幹事撮影)

<Mより発信>
JCCU協同組合塾の2012年度第2回例会が開催されました。城南信用金庫は、いちはやく「脱原発宣言」を出されたことで話題を呼んでいます。その先頭に立つ吉原理事長の講演に期待が高まって、日本生協連の職員や外部の方々から多くの参加申込みをいただきました。教室型の会場にぎっしりと並んだ参加者を前に、吉原理事長は、協同組合としての“原点回帰経営”について、情熱にあふれたお話をされ、会場全体が熱気に包まれました。以下、代表幹事のKさんによる簡単な報告をアップします。冒頭の写真は幹事のYさんによるものです。



1.開催日時:2012年7月13日(金)18時~21時30分
 会場:コーププラザ4階会議室
2.講演テーマ:「信用金庫の成り立ちと歴史、協同組合金融機関の役割」
 講師:吉原 毅 氏(城南信用金庫 理事長)
3.講演の主な内容
 吉原理事長のご講演は、多岐にわたって話されたが、信用金庫の成り立ちと歴史、協同組合金融機関の役割の部分に焦点をあててレポートする。講演には約50名の方が参加された。

<信用金庫の成り立ちと歴史>
 今年は国際協同組合年であり、城南信用金庫は創立67年目を迎え、原点回帰の年と考えている。
 先のリーマンショックは、株式会社に期待するのは間違っていることを教えてくれた。そもそも協同組合は、お金中心でなく人間中心の社会をつくろうと設立された。
 ヨーロッパでは近代以前にも、キリスト教のコミュニティー『フレンドリーソサエティ』があったと聞いているが、本格的な協同組合は1844年にイギリスのロッデール公正開拓者組合に始まった。1833年にイギリスの労働組合のナショナルセンターが設立されたが、共にロバート・オウエンの影響があった。
 ロッチデール原則に一人一票制があるが、これは出資比率により発言権が決まる株式会社と根本的な違いがある。株式会社は、お金の力(出資額)・少数者により支配される。東京電力の総会では、多くの株主からの原発反対意見があるにも関わらず、金融機関等の大株主の原発推進賛成で決まってしまう。
これまで、経済の主たるものは株式会社で、協同組合は補完的存在とみられていたが、これからは、人のために経営があるようにしなければならない。そのために、協同組合が経済の主流にならなければならない。

日本の信用組合(信用金庫)は、ドイツのシュルツ、ライフファイゼンの信用組合をルーツとしている。シュルツの信用組合は都市部の金融機関として、ライフファイゼンの信用組合は農村部の相互扶助組織として発達した。
明治の政治家、品川弥二郎と平田東助はドイツに留学し、自由経済では貧富の格差、道徳の後退が生まれることを知り、自由経済の弊害を取り除くためにドイツでは信用組合が地方自治の要となっていることを学んだ。日本に帰国後、信用組合の導入に力を入れ、明治33年(1900年)、産業組合法が制定された。産業組合法では、信用、購買、利用、販売の協同組合が法制化された。現在につながる、農協、生協、信用組合が設立された。

城南信用金庫のルーツは、1902年設立の入新井信用組合で、加納久宣(ひさよし)子爵によって創立された。日本で最初の信用組合だった。城南信用金庫は今年で110周年となる。入新井信用組合は、東京の大森・山王地域で商店、町工場などの金融を支えた市街地信用組合。

加納久宣は上総一宮藩の最後の当主だが、徳川8代将軍吉宗(TVドラマの暴れん坊将軍)の側近の加納久通(ひさみち)が加納家初代当主。加納久通は吉宗の享保の改革を助けた功績で大名に昇進した。
戦後、城南信用金庫の専務、理事長、会長を歴任した小原鉄五郎は「世のため人のため」という理想主義者であった。小原鉄五郎は「お金は麻薬」といった。

<協同組合金融機関の役割>
 お金とは、交換・価値保存・価値尺度という機能を持つ。お金はものを数値化し、個人主義を助長する。お金は拝金主義を生む。成果主義はお金でないと人は動かないとう思想だ。
 1980年金融自由化以降、デリバティブ、ヘッジファンドが拡大した。新自由主義では、自己責任という。銀行はデリバティブ商品やオプション取引を売りつける。客は損をしても自己責任。
 紀元前500年に孔子、釈迦、ソクラテスという哲学者が現れた。これはお金が発達し個人主義・欲望が生まれ人間社会に弊害ができたので、哲学が生まれたのではないかと思う。つまり、お金は人間を狂わせるものだ。

 Sonyを創業した盛田・井深は、made in Japanを世界にと理想を持ち、「ゆかいな世界工場」として戦後の日本を牽引した。最近のSonyは数人の取締役制、執行役員体制となり、体たらくの状態である。富士通も成果主義を採用したが失敗し、チームワーク主義・人と人とのつながりを基本にした政策に転換した。要するに、数値とお金をつなげる成果主義はよくない。コミュニティや人間関係を重視することで、良識ある世界、健全な世界が生まれる。
 何で、こんな社会になったのか。1980年以前の銀行は良識があった。町医者のような役割を果たした。
 1980年代に日米経済戦争があり、アメリカの戦略で金融市場が開放された。1984年にプラザ合意で、円が240円から120円に切り上げられた。借金を抱えていたアメリカは借金が半分になった。1986年リゾート法で、ゴルフ場やシーガイヤなどが続々とでき、1988年にはバブルが始まった。
 1996年のビックバンで、銀行も投資信託を扱うようになる。間接金融から直接金融に。
また外為法改正で、外国のデリバティブやサブプライムローンなどの取引が自由化される。
 こうしてグローバルマーケットが形成された。金融ITバブルでは、ウォールストリートの1%の人が44%の富を独占し、貧富の格差が生まれる。そして2008年のリーマンショックとなる。
 2012年は国際協同組合年。協同組合金融機関が、地域に根ざした本来の役割を果たさなければならない。人と人のつながりを重視し、コミュニティを大事にする協同組合が主流にならなければならない。

4.懇親交流会
講演後、講師を囲み懇親交流会が開催された。30名を超える参加があったため、全員による感想の交流はできなかったが、所属や年代、男女の偏りがないように発言をいただいた。元幹事のOさんによるマジックつきパフォーマンスも披露され、和気藹々とした交流会になったと思われる。
以上

【2012/07/26 23:27】 | 主催企画報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。