<Kより>
画像は2009年に家の光協会より出版された復刻版


書籍紹介

この小説は、昭和9年~10年にかけて、農家向けの雑誌『家の光』に連載され、昭和10年に改造社から単行本として刊行された。月刊誌『家の光』は昭和9年Ⅰ月号の53万部から昭和10年12月号には117万部まで発行部数が増えたそうだ。いかに当時、この小説が話題になったかがわかる。

この当時というのは、大正デモクラシー期(1920年前後)に神戸購買組合、家庭購買組合、江東消費組合などが設立され、更には、中の郷質庫信用組合、東京医療利用購買組合、なども設立され、いわゆる産業組合が大きな発展の時期を迎えた頃であった。昭和11年(1936年)に賀川豊彦はアメリカに渡り、あの有名な『Brotherhood Economics』(友愛の経済)の講演を行っている。講演内容はすぐにアメリカで出版され、さらに27カ国語に翻訳された。

賀川豊彦は、1920年代に協同組合運動で実践してきたこと、論文にしたことを、『乳と蜜の流るる郷』という小説媒体を通して、わかりやすいかたちで、当時の産業組合(協同組合)というものを説明している。ラブロマンスも織り込んだ啓蒙小説ともいえる。この小説主人公の田中東助は、貧しい農村を救う方法として、農村に産業組合(信用組合、生産者の組合、医療組合、消費組合)をつくることだと確信し、その設立に奮闘する。

小説の中で、長野県の信用組合、高円寺の消費組合、江東消費組合、中の郷質庫信用組合東京医療利用購買組合・中野病院、などが登場する。当時の組合員や職員の様子なども描かれている。
現在の協同組合のほとんどは、この当時に生まれた産業組合を原点(ルーツ)としているので、この当時の困難や苦労、協同組合にかける思いを、現在の我々は知っておく必要があると思った。


【2011/06/05 16:54】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック