「危機に立ち向かうヨーロッパの生協に学ぶ」70%縮小.jpg
<Mより発信>
引き続いて文献紹介とそれに関連する生協総合研究所の公開研究会のご紹介をさせていただく。
本書は、2009年11月の欧州生協視察団の成果を盛り込みながら、 事業が回復し始めたイギリス、新たな構造改革に取り組むイタリア、スウェーデンの国境を越えた事業連帯組織の形成への挑戦など、ヨーロッパの生協における構造改革の最新動向を日本生協連国際部と生協総合研究所のスタッフがまとめ、巻末には豊富な資料を収載した一冊とのことです。
【『危機に立ち向かうヨーロッパの生協に学ぶ』のご紹介】
生協総合研究所 編著 栗本昭 監修
2010年11月2日発行 A5版301頁
定価(本体1,800円+税)
発行:コープ出版 
【主な目次】
序 論 危機に立ち向かうヨーロッパの生協に学ぶ 芳賀唯史
第1章 イギリスの生協事業の回復 天野晴元
第2章 イタリアの生協の新たな構造改革 大津荘一
第3章 ミグロ生協の事業革新による挑戦 アイザック・ヤウ・アスィードゥ
第4章 スウェーデン生協連の事業経営改革の取り組み 藤井晴夫
資 料 欧州3生協の主要経営指標と財務の分析(イギリス・スウェーデン・スイス)/CGの2009年度年次報告/イタリア生協の価値憲章(2009年度版)/ミグロ生協連の2009年度年次報告/KF2009年年次報告書/スコットランド・フィンランド・スウェーデン・スイスの協同組合センターの比較分析
コープ出版のサイトの情報はこちら
★マーク以下に詳しい目次や試し読みのリンクもあります。

【関連の公開研究会のご紹介】
2011年1/28開催:(公益財)生協総合研究所公開研究会「危機に立ち向かうヨーロッパの生協に学ぶ」
ヨーロッパでは流通業界におけるグローバルな競争が激化しており,金融・経済危機の進行とともにこの傾向に拍車がかかっています。ヨーロッパの生協も激しい価格競争に巻き込まれ、組織と事業の構造改革に取り組みつつ、未来開発のための挑戦を行っています。昨年度に引き続き,各国の事例から日本の生協として学ぶべき教訓を引き出していきます。
日時:2011年1月28日(金)17:15~19:15
会場:コーププラザ4F第1・第2会議室(渋谷)
報告者:
①藤井晴夫(生協総研)イギリスとスイスの生協の事業革新と社会的取り組み
②天野晴元氏(日本生協連)フィンランド,スウェーデン,デンマークの生協の事業革新と模索
③大津荘一(生協総研)イタリアの生協の事業革新と社会的取り組み
詳細はこちら

【2010/12/21 18:30】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック