<Kより発信>
このところ忙しく、遅くなりましたが簡単にまとめた報告をアップします。改めて、録画等を見て、詳細報告書は、作成する予定です。
【JCCU協同組合塾2010年度第4回例会の簡単報告】
テーマ「賀川豊彦と欧州連合」
■日 時:2010年11月18日 18時~21時30分
■場 所:コーププラザ4階第3会議室
■参加者:16名
■内 容:
 JCCU協同組合塾第4回例会の講師は、ジャーナリスト(共同通信社)であり、国際平和協会(賀川豊彦が初代理事長を務めた財団)の会長の伴武澄氏で、「賀川豊彦と欧州連合」というテーマで講演をいただいた。講演の骨子は以下のとおり。
 1935年12月、賀川豊彦はアメリカのロチェスター大学に招かれ「Brotherhood Economics」と題して講演した。講演内容はただちにニューヨークで出版され、さらに25カ国で翻訳され出版された。また、1936年8月には、カルヴァンの宗教革命400年の記念行事に招待され、ジュネーブのサン・ピエール教会とジュネーブ大学で講演した。その際にも、Brotherhood Economicsを言及した。このほかにも、賀川の貧しい地域に身を投じた活動や労働運動・農民運動・協同組合運動は、へレン・タッピング女史(賀川の秘書役)により、世界に発信されていた。こうしたことから、賀川の思想は欧米の人々に大きな影響与えていた。欧米の人々は、1930年代を「カガワ、ガンジー、シュバイツアー」の時代と呼んだ。
 ヨーロッパでは、第1次、第2次世界大戦の反省から、1950年にシューマンらにより欧州共同体が創設された。そして、欧州連合(EU)へと発展していった。この共同の理念に賀川のBrotherhood Economicsの精神が生かされているといわれる。
 1978年に欧州議会のコロンボ議長が、日本国会の招待により来日し、メッセージを残している。メッセージの中で以下のことを発言している。
「世界のすべての国に民主的つながりがなければ、永続的平和はない。平和への意思がなければ人類の未来はない。共同体を求める精神が世界に広がってこそ、人類はどこでも意見の一致を、またその可能性が生まれる。競争的経済は、それが国際経済の協調と協力という英知を伴ってこそ、賀川豊彦の唱えた『友愛の経済』への方向に進むことができるのである。そのためには、自分だけの利益を図るだけでなく、すべての人びと、とくに恵まれない人びとの利益を図るよう、民主的な考慮をするべきである。経済成長率をより高めるためには、文化的、精神的価値の探求が必要である。というのは、それなしでは平和もなければ自由もなく、正義も、永続的な真の幸福もないからである。」
このメッセージの内容は、賀川の思想そのものである。賀川の思想がいかに欧米の人々に大きな影響を及ぼし、欧州連合の理念に反映されているかがわかる。
講演では、さらに賀川が『Brotherhood Economics』で伝えたかったことの解説がされた。その後、質疑に移り第1部を終了した。第2部交流会では、講師を囲み参加者の感想や近況などを交流した。
JCCU協同組合塾に毎回参加されている千葉大学の伊丹氏は、2010年度生協総研賞・助成事業の個人研究分野に応募され、テーマ「協同組合運動協働者のオーラルヒストリー収集による賀川豊彦像の再検討―戦後日本の協同組合運動史における賀川豊彦の影響と現代的可能性」が助成対象者として選ばれたと報告された。とても意義ある研究テーマに大きな拍手が送られた。
以上

【2010/12/09 13:00】 | 主催企画報告
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック