上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Mより発信>
あらためて戦前の日本で最大の生協がどこだったかと考えて、東京の家庭購買組合だったことに思いをいたすと、生協の歴史認識がまた変わってくる。
この間、こちらで何回か家庭購買組合に関連してご紹介しているが、そのひとつの記事をご覧になった方からお問合せをいただいた。組合員啓蒙の月刊誌『ホームユニオン』への九州帝大の今中次麿教授の連載についてである。
日本生協連の資料室には1937年1月号から38年12月号までの分が合本で保管されており、その中に今中教授の連載は毎号欠かさずに掲載されていた。他にバラ保管も2冊分あるがそちらにはない。
組合員向けに政治講座というシリーズとその延長で書かれており、いずれも2~3頁のものである。そのタイトルだけ見ても、戦争に向かう時局の様子がよくわかる。

まずは、「今中次麿」でネット検索してみた。
コトバンク「今中次麿」
今中次麿著『政治権力の歴史的構造』出版年:1958-03-20

賀川豊彦献身100年事業の中で、賀川が戦争に向かう動きに抵抗しきれなかったことを批判する論があることもわかり、私もそこについては「瑕」のように評価をしてきた。しかしながら、左翼勢力が治安維持法によりことごとく弾圧され、一般の国民の中にとどまって抵抗運動を組織しきれなかった日本のその時代の状況を深く知れば知るほど、ヨーロッパのレジスタンスのもっていた力との大きな差を痛感させられるようになっている。
関消連や日消連系の生協はことごとく潰されてしまい、時局の悪化の中で最後の最後まで生協としての組織や事業を残そうとすると体制側に寄り添う方向を選ぶ生協もあったことに、共感まではせずとも理解はできるようになってきた。
以下、今中教授の連載のタイトル一覧をご紹介しておきたい。
【九州帝大教授 今中次麿の『ホームユニオン』への連載】
1937年1月号:ホーム・セクション政治講座「消費組合と政治」(西安事変に言及)
1937年2月号:ホーム・セクション政治講座「最近の支那問題」
1937年3月号:ホーム・セクション政治講座「今度の政変」
1937年4月号:ホーム・セクション政治講座「三中全会以降の支那」
1937年5月号:ホーム・セクション政治講座「解散と総選挙」
1937年6月号:ホーム・セクション政治講座「超然内閣と政党」
1937年7月号:ホーム・セクション政治講座「内閣の更迭」
1937年8月号:「国境の風雲」
1937年9月号:ホーム・セクション政治講座「問題の核心」
1937年10月号:政治講座「蘇支の連携と日本」
1937年11月号:「トハチェフスキー事件」
1937年12月号:「三国防共協定の成立」
1938年1月号:「昭和13年の政治的展望」
1938年2月号:「政党はどうなる」
1938年3月号:「長期戦への歩み」
1938年4月号:「国家総動員」
1938年5月号:「独墺合邦と英国」
1938年6月号:「対支中央機関の新設」
1938年7月号:「挙国一致内閣の成立」
1938年8月号:「文と人」
1938年9月号:「張皷峯事件」
1938年10月号:「チェッコをめぐる英、仏、ソ連」
1938年11月号:「宇垣外相の辞任」
1938年12月号:皇紀2698年回顧「政治―挙国運動の発展性―」
以上

【2010/10/27 12:30】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。