Kより発信

8月5日(木)にJCCU協同組合塾の幹事会を行いました。この間、例会を2回開催し、またブログも開設してきましたので、中間的な総括をし、今後の改善をはかることが目的でした。協同組合塾ブログに関してですが、Mさんが中心になり、貴重な資料や塾の報告がアップされてよいと思いますが、ただ気軽に投稿する雰囲気がないのが課題かと思います。というわけで、気軽なブログ記事を書きたいと思います。

■松沢資料館見学会
7月29日(火)に私の所属する会員支援本部で、松沢資料館見学会を行いました(企画はK)。参加者は19名。16時から、まずDVD(20分)で賀川豊彦の生涯を映像とナレーションで知り、加山久夫館長の講演(40分)、17時から資料館内の展示物を見ながら、杉浦学芸員が詳細な説明をしてくれました。17時45分終了。
松沢資料館には、初めてという人がほとんどでした。また、コーププラザ1Fの胸像の賀川豊彦がどんな人なのかよく知らなかったという人が大半でした。おそらく、JCCUのほとんどの人が同じ状況だと思います。見学後のみんなの感想は、「こんな偉大な方だったとは驚いた」「こうした学習は、年に1度くらいあったらよい」など好評でした。

松下幸之助が現パナソニック社を創立したことを、パナソニック社員で知らない人はいないだろうし、特別の社員教育がされているだろうと思います。幹部になるには、松下幸之助に関する試験(論文など)が科せられると聞きました。
賀川豊彦は、日本生協連の初代会長で、日本の「生協の父」といわれる。賀川なくしては、日本の生協はなかったかも知れない。なのに、生協ではどうでしょうか?
協同組合とは何か?アイデンティが問われるなかで、協同組合の歴史、理念を学ぶことは重要だと思います。松沢資料館見学会を生協関係者にもっと普及したいと思いました。

 

FC2blog テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2010/08/07 06:24】 | ブログ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック