上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_7420の12%縮小
<Mより発信>
 2017年度「日本生協連資料室土曜講座」の第3回(12/16)の企画が中止という情報が担当者から寄せられました。以下、ご案内します。

【情報】12/16「日本生協連資料室土曜講座」(2017年度第3回)の講師ご逝去による企画中止のお知らせ
 12/16「日本生協連資料室土曜講座」」(2017年度第3回)は、「戦前~戦後の城西消費組合の中心メンバーたちの生協活動」をテーマに開催する予定でしたが、講師の丸浜江里子さんが、12月7日にお亡くなりになりました。昨年度までの土曜講座には受講者としてご参加いただき、それがご縁で本部組合員活動部の「ヒバクシャ国際署名」の取り組みを始めるにあたって今年の1月に部内学習会で御著書の『原水禁署名運動の誕生』に基づく講演をいただいており、今度は資料室の企画の講座でのご講演をいただけることになっていたのでした。今年度の第1回第2回も参加のご予定だったのに連絡なしに欠席され、心配していました。
 11/24頃、病院からということでお電話をいただき、月末退院の予定で入院していて12/16 の講演ができるかどうかわからないというご相談をいただきました。前の週の末に判断をして体調がお悪いようであれば参加登録者に延期にする案内をするからと、治療専念をお願いしました。「絶対に生きて戻ります」と力強いお約束をいただき、落ち着かれますようにと祈っておりました。12/8(金)にでもお電話を入れようと思っていた矢先の訃報でした。

 昨日12/12(火)AM、丸浜江里子さんの告別式に参列してきました。杉並の蚕糸の森公園、大学生協会館の前を通り抜け(その時に被爆アオギリ二世が植えられているのを確認)、インド独立運動闘士で日本に亡命中に亡くなったチャンドラ・ボースの碑がある蓮光寺(インドの協同組合の方が来日された時にお連れしたことが『生協運動』誌に掲載されていてここかと感嘆) の前も通って行き、「平和・協同ジャーナリスト賞」にも関わっていらした丸浜さんのお葬儀に何やらふさわしいと思えました。
 式場は厄除け祖師さまで有名な「妙法寺」の中の「堀之内静堂」で、撮影させていただいた遺影は、祭壇上のものではなく、出棺の際にご遺族が掲げ持つためのもののようで通路に用意されていました。史資料を積み上げている前で写されたもので、いいお顔をされていました。12/16の企画は残念無念ではございますが中止といたします。丸浜さんのご冥福をお祈りいたします。

 丸浜さんの史資料をこつこつと読み込んでの研究の姿勢に学び、私も資料室での仕事を全うすることをお誓いしてきました。 早くいろいろと伺っておかないといけない方々がまだまだいらっしゃいます。「資料室土曜講座」もその機会になるよう、今後とも尽力したいと思っています。
※次回の「土曜講座」は、当初予定の2018年1/27に開催いたします。
講師:有田芳子氏
テーマ:「協同組合における参加型民主主義
       -組合員参加の再生をめざして-」

IMG_7413のブログ用縮小

IMG_7417の12%縮小

※下の画像は1月の組合員活動部の部内学習会の案内。録音がされていなかったとのことで、それも残念です。
20170117原水禁運動の歴史学習会チラシ画像55%縮小.jpg
スポンサーサイト

【2017/12/14 00:07】 | 情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。