上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0-広岡先生.jpg

<Mより発信>
 2016年度の「日本生協連資料室 土曜講座」については、こちらでもご紹介させていただきました。10/22の第2回に参加してきましたので、以下、概要をご報告します。

テーマ:「奥むめおに学ぶ
 ~戦前・戦後の生協の女性リーダーとして~」
講師:広岡守穂さん/中央大学法学部教授、
   (一財)主婦会館評議員


講義内容の概要
 広岡先生のレジュメのタイトルは「奥むめお・・・社会システムをつくった人」。参考文献の奥むめおの章のタイトルも「社会システムをつくる-働く女性のために」。政治学を学んできて、恩師だった篠原一(はじめ)は現代民主主義論の中でも意思決定の場への参加を最重視して参加民主主義が大事という立場をとったが、自分はそれだけでなく意思決定の場をつくること、そのための社会システムを下からつくる動きが大事だと考えるようになった。
Ⅰ.社会システムをつくるデモクラシー(視点その1):3つのデモクラシー●政治的デモクラシー:多数者の意思・少数者の権利=ここは従来取り組まれてきた。●社会的デモクラシー①社会システムをつくるデモクラシー:明治期に渋沢栄一が官業だけではダメで民間の力が大事と株式会社を作ったように、大正時代以降、賀川豊彦、奥むめおの功績は大きい。運動だけでなく多くの事業を立ち上げて社会的なシステムをつくることが大事だった。●社会的デモクラシー②声を出せない人のためのデモクラシー:声を出せる人だけで決めていくのでは不十分。子どもや障害者、LGBTなど少数者で声を出せない出しづらい人たちも視野に入れた活動をつくる必要がある。
Ⅱ.女性解放の思想と運動のなかでの位置づけ(視点その2):●羽仁もと子(1873~1957)、●与謝野晶子(1878~1942)、●平塚らいてう(1886~1971)、●山川菊栄(1890~1980)、●高群逸枝(1894~1964)、●奥むめお(1895~1997)、と奥むめおは年長の5人の論点をきれいに押さえて実践をしていった。・母性保護論争 ・ケイパビリティ ・人口妊娠中絶 ・性別役割分業の論点にもふれた。
Ⅲ.市民社会をつくる実践と思想(視点その3):●市民社会の政治的意味、●市民社会の経済的意味、●市民社会の社会文化的意味、●アナーキズム再評価の機運・・・このⅢは時間がないと勘違いをされて省略。「アナーキズム」は「無政府主義」と訳されるが、秩序を否定する思想ではなく、自由を重視する思想として近年再評価の気運が高まっているという(面白そう)。
Ⅳ.奥むめおの評価と位置づけについて:奥むめおは大変な「人たらし」でいろいろな人を支援者にした。もっと評価がされてよく、きちんとした評伝が出ていて然るべきだった。自分が主婦会館の評議員になって研究会を始めたがまだ3人の方からしかお話を聞けていない。今回の後半に期待したいと締めくくられた。

0-土曜講座.jpg
 参加者は講師を含めて23名で、日生協・コープ共済連職員6名、医療福祉生協連1名、同OB1名、生協総研3名、会員生協1名、松沢資料館関係2名、研究者2名、主婦連・主婦会館5名、その他1名。 
 ディスカッションでは、まず資料室にある史資料から奥むめおの戦前・戦後の消費組合・生協での「婦人活動」(注)が主婦連の活動の原点だったことを明らかにした。丸浜江里子さん、清水鳩子さん等の発言からも奥むめおの多彩な活躍が浮かび上がってきた。奥むめおは、女性でも一人ひとりがしっかりと主体的に生きていけるように少数の女性リーダーが活躍することよりも、より女性の多数派を組織してみんなで勉強したり楽しんだりしながら活動の輪を広げていくことを追求し続けたのではないか。奥むめおの実践からの学びを深める必要がありそうだ。そのことが参加者に共有できたと思う。
 
注記:昔は世帯主(戦前は戸主)が消費組合・生協の組合員になっていて、実際に利用している主婦を組織して活動参加する場としては婦人部や家庭会が作られた。1960年代後半から主婦が組合員になって全国的に再建・設立された「市民生協(県民生協)」以前は「組合員活動」ではなく、「婦人活動」と呼ばれていた。1957年結成の「日生協婦人部全国協議会」が活動を広め、班を基礎組織として確立していく中で「日生協婦人活動全国協議会」と改称し、1977年には協議会を発展的に解散させ、日本生協連に「全国組織活動委員会」を設置して全国の生協の組織活動を協議、推進していくことになった(その後、「全国組合員活動委員会」と改称されている)。

2016/10/8「日本生協連資料室土曜講座」第1回「柳田国男の消費組合(生協)論に学ぶ」参加報告はこちら
スポンサーサイト

【2016/10/27 12:56】 | 情報
トラックバック(0) |
<Mより発信>
 2016年度の「日本生協連資料室 土曜講座」については、既にこちらでもご紹介させていただいています。(4テーマで10/8、10/22、11/26、12/3に開催)
 第2回が10/22に開催されますので、ご参加をお奨めいたします。

【資料室土曜講座2016年度第2回】
10/22「奥むめおに学ぶ
 ~戦前・戦後の生協の女性リーダーとして~
(講師:広岡守穂さん)


1.第2回の10/22(土)の講義内容予定
テーマ:「奥むめおに学ぶ
   ~戦前・戦後の生協の女性リーダーとして~」
講師:広岡守穂/中央大学法学部教授、
   (一財)主婦会館評議員


※参考文献:2015年6月刊『ジェンダーと自己実現』第3章第6節の奥むめおの章

 奥むめおは、主婦連合会(主婦連)を設立したことで知られるが、その主婦連においても昨年の「生誕120年シンポジウムにおいて久しぶりに光が当ったようである。戦前の婦人運動や消費組合での働きによる知名度が生きて戦後に婦人参政権を得てすぐの第1回参議院議員通常選挙=1947年(昭和22年)に国民協同党公認で全国区から出馬して上位当選。以降無所属(院内会派緑風会所属)になり、1965年(昭和40年)に勇退するまで3期18年務め、女性や消費者の立場に立ち、国会内で生協を応援する大きな役割を果たしたことを知っている人はどのくらいいるだろうか。1951年の日本生協連の設立総会で決定したICA加盟がGHQから許可を得られない中で、副会長の奥むめおがイギリス政府による婦人の指導者招待で山川菊栄らとともに欧州視察で出かけた際に、ロンドンにあったICA本部に行って加盟申請書を提出したということも機関誌『日協連』に掲載されている。日本生協連資料室から史資料を提供しながら、奥むめお研究を主体的にすすめるべき研究者の知見を聞き、ディスカッションをしたいと考えている。

2.開催要領、参加申込み方法
●開講場所:四ツ谷のプラザエフ5階会議室
●開催日程:4回開催。
 開講時間は、16時~18時
 (講義60分、質疑応答60分)
●参加費:無料
(詳細は、生協総合研究所のwebサイトの「研究会情報」コーナーに掲載されたので、そちらを参照ください。
該当記事はこちら

●参加申込方法:受講を希望する講座を選んで上記の記事にリンクされた受講申込書に必要事項を記入の上で下記のアドレスに送信してください。
 開講日の前日まで受け付けますが、なるべく早めにお申込みくださいますようお願いいたします。
 E-MAIL:shiryou-toiawaseアットjccu.coop 

■以下、第3回以降の開催回・日程・講義内容予定 
統一テーマ:
「生協運動の現在につながるテーマについての先駆者に学ぶ」


【第3回:11/26(土)】
テーマ:「吉野作造と協同組合~賀川豊彦との協同~」
講師:大川真/吉野作造記念館館長、
   国際日本文化研究センター共同研究員、
   尚絅学院大学非常勤講師、
   山形県立米沢女子短期大学非常勤講師

【第4回:12/3 (土)】テーマ:「戦前の消費組合(生協)の組合員活動について」
講師:尾崎(井内)智子/四日市大学講師、
   同志社大学人文研究所 社外・嘱託研究員、
   元生協総研嘱託研究員

■第1回「柳田国男の消費組合(生協)論に学ぶ」(講師:堀越芳昭さん)の参加報告はこちら

【2016/10/13 12:56】 | 情報
トラックバック(0) |
20161008資料室土曜講座・堀越さん(2)15%縮小.jpg
<Mより発信>
 2016年度の「日本生協連資料室 土曜講座」については、こちらでもご紹介させていただきました。10/8の第1回に参加してきましたので、以下、概要をご報告します。

テーマ:「柳田国男の消費組合(生協)論に学ぶ」
講師:堀越芳昭さん/日本大学講師、
 JC総研特別研究員、元山梨学院大学教授、
 元日本協同組合学会会長、元生協総研客員研究員
講義内容の概要

 「はじめに」の<柳田国男に対する誤解>の中では、堀越さんも1980年代の『生活ジャーナル』誌連載『協同組合論の群像』(47回分)で「柳田の協同組合論は民衆の視点に立っているが、産業組合政策の促進を担う政策論的組合論のひとつである」としていたのは間違いで、当時としては先端の協同組合原則論を踏まえて本格的な協同組合論を論じていたことがわからなかったと反省の弁を述べられた。そして山梨学院大学の教員となられて相模原市に住むことになり、地域で柳田国男との所縁がある人から実際に話を聞く中で問題意識が高まって著作を読み込んでいったところ本格的な研究をする価値を見出されたとのこと。
 先人の中では柳田国男の農政学と協同組合論の両方に通じた東畑精一が「柳田国男の協同組合論」の中で「(略)読者が本文を読まれることを希望する。そして法文解釈の行間に、農民が悪質商人や高利貸といかに闘うかについての烈々たる気概をうかがってほしい」と読者に勧奨したことなどを長く引用して紹介し、「柳田産業組合(協同組合)論の内在的検討の提起であった」といえようとされた。柳田はトータルとして正当な評価がされてこなかったようだが、なかなか喧嘩っ早い性格で、深く親交した人とも論争がこじれて絶縁に至ることが多かったことが災いしているとも言及された。
 本論の見出しは以下。Ⅰ.柳田国男協同組合論の根本義は何か~『最新産業組合通解』(明治35年)を中心にみる、Ⅱ.柳田の消費組合論はどのようなものかⅢ.柳田の組合論は協同組合原則とどのように関わるか
 おわりに~柳田国男の消費組合・協同組合論から何を学ぶかでは、●協同組合の根本原理をどのように理解するか。「生活」の重要性/●「協同」および「協同自助」、●「消費」のあり方、●生産者消費者連合/●協同組合間協同の重要性までふれられたが、特に最近になって柳田国男が「生活」を大事に考え、最も底辺の人々の幸福を政策として優先させ、「生活」「幸福」の追及のために協同組合を考えていたことに気がついたという。「郷土研究会」などでともに中心を担った新渡戸稲造が国際連盟の事務次長をしていた関係で官職を辞した後で1921年に国連の委任統治委員になり、2年間ヨーロッパでみっちり当時の国際的な消費組合も含めた協同組合の理論についての先端知識を得ていた影響の大きさにも言及された。
20161008資料室土曜講座・堀越さん(1)15%縮小.jpg

 参加者は、講師を含めて15名で、日生協・コープ共済連職員6名、医療福祉生協連1名、同OB3名、生協総研1名、会員生協1名、研究者1名、主婦連1名。今年の新人の方からシニアまで幅広い世代から参加があった。生協総研HPを含めてインターネットでの情報を見てという方もいらした。
 ディスカッションでは、現在の生協事業のあり方も問いたいと「消費論」への期待を抱いて参加された方もいて、レイドロー論文での言及部分のコピーを事務局で用意したものを堀越さんが説明でも使われて、柳田の問題意識は現在まで続くものだということが共有できた。資料室に閲覧に通って2011年に『原水爆禁止署名運動の誕生~東京・杉並の住民パワーと水脈』を書かれた丸浜江里子さんも参加され、東畑も橋浦泰雄と同じ地域で生協に関わっていたという情報も得て、生協総研初代専務理事の斎藤嘉璋さんも含めて歴史に学ぶ必要を共有できた。 
以上

【2016/10/12 12:57】 | 情報
トラックバック(0) |

講師の堀越さんから補足説明がありました
Mより
堀越さんから、以下のメールをいただきました。
・・・・・・・・・・
 「なぜ柳田の消費組合論や協同組合論が評価されてこなかったのか」という問題についてですが、少し補足したいと思います。
 柳田の人間関係や厳しい考え方などもあり、多くの人々に理解されなかったのかもしれません。
 加えて柳田の主張や論述には、その真意・内容を理解することに難渋するところがあるように思います。柳田の文章は、よく丁寧に読まないとその真意を掴むことができないように思います。表現が比ゆ的であったり、文語的であったり、飛躍的であったり、文学的であったり、するからです。
 そして私もかつてそうであったように、柳田に対する先入観があります。柳田を信奉する人々(民俗学方面の)は偏った柳田理解に立っている場合が多いし、他方で農政学や経済学方面の人々は柳田の真意(生活・協同の意義)に目も向けないといった状況があったのではないでしょうか。
 いずれにしても柳田の「生活論」と「協同論」を整理することが今後の課題になろうかと思います。
以上
堀越芳昭

コメントを閉じる▲
20161003総研HPでの資料室土曜講座案内55%縮小.jpg

<Mより発信>
 2016年度の「日本生協連資料室 土曜講座」については、既にこちらでもご紹介させていただいています。(4テーマで10/8、10/22、11/26、12/3に開催)
 いよいよ今週末の10/8に第1回が開催されます。

【資料室土曜講座2016年度第1回】
10/8「柳田国男の消費組合(生協)論に学ぶ」
(講師:堀越芳昭さん)


1.第1回の10/8(土)の講義内容予定
テーマ:「柳田国男の消費組合(生協)論に学ぶ」
講師:堀越芳昭/日本大学講師、JC総研特別研究員、
   元山梨学院大学教授、元日本協同組合学会会長、
   元生協総研客員研究員

※参考文献:『生活協同組合研究』2016年2月、3月号連載の「柳田国男の消費組合論」

 日本民俗学の創始者として有名な柳田国男は、東京帝国大学で農政を学び、産業組合法が公布された1900年(明治33年)に農商務省の官僚となった。官僚として農政の政策上で必要とされた産業組合についての論も表している。
 堀越氏は、柳田の消費組合論について注目してさらに研究をすすめられた。戦前の日本では商業資本による弱者への収奪が大きな社会問題であり、流通の中間に介在する商人を排除する「中間商人節減論」を展開して小生産者が小消費者が結びつくことで両者とも不利益を減らすことができるとしているのは、現在の「産消提携」の考え方の先駆者といえる。また、経済のおおもとは消費であるとし、「適当なる消費、正しい消費」を重視しているところは、「消費者主権」の見直しを論じた1980年のレイドロー報告にも通じている。いたずらに購買意欲を刺激して無駄な消費をあおるのではなく、消費のあり方を見直し、人々が主体的なくらし方を考え合うことができるような場として消費組合(現在の生協)を論じた柳田国男に学ぶところは大きい。

2.開催要領、参加申込み方法
●開講場所:四ツ谷のプラザエフ5階会議室
●開催日程:4回開催。
 開講時間は、16時~18時
 (講義60分、質疑応答60分)
●参加費:無料
(詳細は、生協総合研究所のwebサイトの「研究会情報」コーナーに掲載されたので、そちらを参照ください。
該当記事はこちら
※冒頭の画像は、先の記事になかった「研究会情報」コーナーに掲載されたことが10/3付けのトップページでわかるところ。

●参加申込方法:受講を希望する講座を選んで上記の記事にリンクされた受講申込書に必要事項を記入の上で下記のアドレスに送信してください。
 開講日の前日まで受け付けますが、なるべく早めにお申込みくださいますようお願いいたします。
 E-MAIL:shiryou-toiawaseアットjccu.coop 

■以下、第2回以降の開催回・日程・講義内容予定 
統一テーマ:
「生協運動の現在につながるテーマについての先駆者に学ぶ」


【第2回:10/22(土)】テーマ:「奥むめおに学ぶ
~戦前・戦後の生協の女性リーダーとして~」
講師:広岡守穂/中央大学法学部教授、(一財)主婦会館評議員

【第3回:11/26(土)】
テーマ:「吉野作造と協同組合~賀川豊彦との協同~」
講師:大川真/吉野作造記念館館長、
   国際日本文化研究センター共同研究員、
   尚絅学院大学非常勤講師、
   山形県立米沢女子短期大学非常勤講師

【第4回:12/3 (土)】テーマ:「戦前の消費組合(生協)の組合員活動について」
講師:尾崎(井内)智子/四日市大学講師、
   同志社大学人文研究所 社外・嘱託研究員、
   元生協総研嘱託研究員
以上

【2016/10/03 18:09】 | 情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。