上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田孝典著『下流老人』表紙70%縮小.jpg

<Mより発信> ※藤田さんの講演が近づいたため、2015年12/28の記事アップを再掲いたします。

【文献紹介】藤田孝典著『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新書)

 もう10年以上前のことだろうか。街角で『ビッグイシュー』とかいうタイトルの雑誌を売る姿が気になっていた頃、ビッグイシュー日本の方の話を聞く企画が日本生協連の有志によって開催された。私は残念ながら参加できずにバックナンバーだけでもと頒けていただいて『ビッグイシュー日本版』の実物を読んで衝撃を受けた。ホームレスの仕事をつくり自立を支援するためのストリートマガジン事業はイギリスから始まり、日本でも始まっていたということで、その内容も読み応えが十二分にあった。以来、私はHPをチェックして面白そうなテーマの号はJR四ツ谷駅頭の販売員さんから買って読んできた。設立10周年のシンポジウム企画で浜矩子さんの話を聞いてきた内容はこちらでも報告済み
 その後、テレビの報道等で私が住んでいるさいたま市に生活困窮者支援のNPO法人「ほっとプラス」というところがあることがわかり、一度きちんと知りたいものだと思ってきた。協同組合塾の幹事会で幹事のYさんから千葉の生活クラブ生協で「ほっとプラス」の藤田さんの講演会があって好評だったという情報と塾でも講演してもらおうという提案があり、2015年度の企画でお願いすることになり、その後、2016年3/30(水)で講演を引き受けていただいた。そしてYさんからベストセラーの『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』を回してもらって読んだ。まさに、「老後の貧困はひとごとではない」ということに共感した。
 「下流老人」とは普通に暮らすことができず“下流”の生活を強いられる貧困高齢者を意味する造語とのこと。現在の高齢者だけでなく、近く老後を迎える人々にも「一億総老後崩壊」ともいえる状況が生れる危険性が増しているという。
 日本には、相当にボロが出ているとはいえ国民皆保険制度があるが、アメリカにはないので中流の人々も個人的蓄えを使い尽くせば生活保護を受けることになるという話はよく聞いていた。敗戦後、対米従属の政策をとってきた日本だが、曲がりなりにもある程度の社会保障制度を整備させてきていたが、非正規雇用をどんどん拡大させていくことを野放しにしている政権のもとで、貧困層が増大している。自分がそういうことに直面するまできちんと向き合って考えないできている日本人が多すぎるのではないか。
 藤田さんは本書の中で、高齢者が貧困に陥る典型パターンを5つ挙げている。
〔1〕本人の病気や事故により高額な医療費がかかる
〔2〕高齢者介護施設に入居できない
〔3〕子どもがワーキングプアや引きこもりで親に寄りかかる
〔4〕熟年離婚
〔5〕認知症でも周りに頼れる家族がいない
 こういう状況に陥っている人、陥る可能性が否定できない人はみんな「ひとごと」ではないはずだ。「自分でできる自己防衛策」の章では、下流老人にならないためだけでなく、なってしまった場合にどうすれば安らかな老後を送れるかということまで言及されている。キーワードには「プライドを捨てよ」「『受援力』を身につけておく」という言葉もある。
 最終章の「一億総老後崩壊を防ぐために」の冒頭に「下流老人の問題が、人間のつくった社会システムの不備から派生しているものであるなら、その社会システムを変革できるのもまた、人間である。これからのあるべき社会のビジョンを示しながら、わたしたちの社会をどのように構築し直していけばよいのか、やや挑戦的、試行的に述べたい」とある。
 資本主義社会では一定の貧困層が出てくるのは避けられず、社会的な富の再配分の手段として生活保護制度があるのだから、受給者に厳しい目を向けるのは確かにおかしい。年金や介護保険と同様に権利として受けやすくしていくための提言もなるほとど思えた。
 以上、簡単にご紹介してきたが、3/30の協同組合塾の例会に参加する前に予習として読まれることを是非ともおすすめしておきたい。
(追記)
国民年金等の受給額が少ない場合に、不足分を生活保護を受けることができるということを本書で初めて知った。社会保障制度についてきちんと勉強する必要を痛感している。
スポンサーサイト

【2016/03/23 12:55】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
<Mより発信>
3/30に開催されるロバアト・オウエン協会第157回研究集会をご案内いたします。以下、生協総研のHPのロバアト・オウエン協会コーナーの案内記事より引用してご紹介します。
【ロバアト・オウエン協会第157回研究集会
 大学生協運動の展開② 
  ~1970~80年代にかけて~】
  このたびは以下のようなシンポジウム形式で行ないます。3年前の企画で好評をいただいた第145回研究集会「創世期の大学生協運動とその後の展開-1950~60年代にかけて-」(2013年3月28日開催、演者<岩垂弘、岡本好廣、斎藤嘉璋>『ロバアト・オウエン協会年報38』所収)を受けて企画するものとなります。 
 論客の揃うなか、限られた時間ですが質疑も行います。広範なご参集をお願いいたします。

日時:2016年3月30日(水) 14:30~18:20
場所:主婦会館プラザエフ 5階 会議室
 ※プラザエフの地図はこちら
参加費:無料

プログラム
14:30 中川雄一郎会長 開会挨拶
14:35 藤岡武義 氏
 「1970年代前半の大学生協運動と私の体験」
15:05 岡安喜三郎 氏
 「『学生運動』からの解放」
15:35 高橋晴雄 氏
 「1970~80年代における大学生協」
16:05 休憩
16:20 小塚和行 氏
 「大学生協の連帯を考える~1970~80年代の大学生協運動を振り返って」
16:40 亀井 隆 氏
  「大学生協が1980年代に急成長した要因について」
17:00 福島裕記 氏
 「1980年代 会員生協と連帯の関わり~九州を例に」
17:20 パネル討論・質疑応答(座長 : 斎藤嘉璋 氏)
18:00 座長まとめ
18:20 終了予定

◎参加を希望される方は、Eメール・郵便・FAX・電話等にて、下記のロバアト・オウエン協会事務局へ前日までに、ご連絡下さい。
ロバアト・オウエン協会 事務局(中村範子)
 〒102-0085 千代田区六番町15番地プラザエフ6F 公益財団法人生協総合研究所内
 TEL:03-5216-6025 FAX:03-5216-6030 E-mail:noriko.nakamura@jccu.coop

【2016/03/13 22:59】 | 情報
トラックバック(0) |
<Mより発信>
3/15に開催される公益財団法人 生協総合研究所 2015年度公開研究会をご案内いたします。以下、生協総研のHPの案内記事より引用してご紹介します。

【国際協同組合の最新動向 -トルコ・アンタルヤICA総会(2015年11月)をめぐって-】
 2015年11月9日~13日、トルコ共和国・アンタルヤで国際協同組合同盟(総会)が各国から1000人以上の参加者を集めて開催されました。全体のテーマは「2020年に向けて、あなたの協同組合はどのような姿になっているだろうか?」。

 そこで今回は、会議に参加され、国際協同組合全体の動向を熟知しておられる伊藤治郎氏(『生活協同組合研究』2016年2月号を参照)と天野晴元氏を中心に、協同組合をめぐる最新動向と議論の状況、課題を私的な見解を踏まえつつご報告いただきます。なお今回は、ICAや国際協同組合に関する基本にも触れるため、少し関心を持ってみたいという方々にも対応する内容となっています。幅広い皆さまの参加をお待ち申し上げます。

日時:2016年3月15日(火) 18:00~20:00
 ※開場は17:30
場所:主婦会館プラザエフ 5階 会議室
 ※プラザエフの地図はこちら
参加費:生協総合研究所の個人会員および団体会員の役職員 無料
上記以外は1,000円

プログラム
17:30 開場
18:00 開会あいさつ 小方 泰(生協総合研究所・専務理事)
18:05 伊藤治郎(日本生活協同組合連合会・渉外広報本部長)
 「ICAアンタルヤ総会と協同組合の課題」
18:45 天野晴元(日本生活協同組合連合会・国際部部長)
 「ICAブループリントの第2フェーズ」
19:15 鈴木 岳(生協総合研究所・研究員)
 「ICAを知るための10章」
19:35 全体の質疑応答
20:00 終了
 *司会:山崎由希子(生協総合研究所・研究員)

お問合せ
 公益財団法人 生協総合研究所
 〒102-0085 東京都千代田区六番町15 プラザエフ6F
 TEL : 03-5216-6025  FAX : 03-5216-6030  E-mail: ccij@jccu.coop

【2016/03/12 12:59】 | 情報
トラックバック(0) |
藤田孝典著『下流老人』表紙70%縮小.jpg

<Yより発信>
 今回は、昨年発刊されベストセラーとなった「下流老人~一億総老後崩壊の衝撃」 (朝日新書)の著者であり、埼玉県内で生活困窮者支援に取組む、新聞や様々なメディアでも積極的に発言されている藤田孝典氏(特定非営利法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学客員准教授)に講演いただきます。
 子どもの貧困とともに高齢者の貧困も深刻化しており、藤田氏は「生活保護水準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」 を「下流老人」と名付けました。正規職員で定年まで働き厚生年金をもらっていても、誰でも起こりうるいくつかのアクシデントが重なるだけで、藤田氏のいう「下流老人」化する可能性があります。今回の学習会では、その深刻な実態と要因、高齢者の貧困問題への対処のあり方について報告・解説いただき、生協に対する期待についても触れていただく予定です。
 (なお、藤田氏には、3月19日に大阪で開催される日本生協連「生活相談・貸付事業普及研究会報告会」でも講演いただく予定で、協同組合塾でもほぼ同じテーマでの講演をお願いしております。)
 現在、非常に多忙な藤田氏のお話を聴く貴重な機会ですので是非ご参加ください。

【2015年度第3回例会(3/30)のご案内】
テーマ:「高齢社会に備える-下流老人にならないために」  
講師:藤田孝典さん(特定非営利法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学客員准教授) 

日時:2016年 3月30日(水)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:日本生協連コーププラザ2F 震災対策室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/379603/
以上

【2016/03/09 18:34】 | 企画予定
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。