上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Mより発信>
 2014年度第3回例会の講師は、コープさっぽろマーケティング部調査分析担当の星野浩美さんにお願いしました。生協総研の「組合員の参加と消費行動研究会」(仮称)への参加も予定されているということです。2013年4~6月にはイタリア北部トリノにあるノバコープ生協の食教育を中心にした生協と学校との連携による消費者教育の実践について視察、研究のために派遣され、その成果は、同年9月の『生活協同組合研究』誌に寄稿されています。
スローフード発祥の地であるイタリアは食意識が高く、多くの国々と国境を接していることからこれらの影響を受けながら現在のイタリア食文化が形成されています。また、トリノは文化・気候・風土が北海道との共通点が多いということ、ノバコープを中心に生活協同組合の食における消費者教育が非常に盛んであることから、食教育のベンチマーク都市として視察をされたとのことです。
食育を中心にした消費者教育を取り組むことが生協としての持続可能性を担保すること、学校や生産者などの様々な団体をオーガナイズする機能を生協が果たすことの意義の大きさなど、イタリアのノバコープやコープさっぽろのマーケティング部における実践から学びたいと思います。
<星野浩美(ほしの ひろみ)さんの略歴>
 2011年 学習院大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学、同年より現職。マーケティング部に所属し、顧客データ分析を担当。

【2014年度第3回例会(2015年3/12)のご案内】
テーマ:「イタリアの生協の食教育に学んで~未来の組合員を育て、地域に貢献する」  
講師:星野 浩美さん(コープさっぽろマーケティング部) 

日時:2015年 3月12日(木)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:コーププラザ4F 第4会議室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/271315/
以上
スポンサーサイト

【2015/03/02 12:29】 | 企画予定
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。