上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014『no more hibakusha』表紙スキャン画像70%縮小.jpg
<Mより発信>
 1945年8月6日の広島、9日の長崎という2度の原爆投下による多くの犠牲について、GHQによる徹底的な言論統制によって日本国民の多くは正しい情報を知らされませんでした。1950年6月に勃発した朝鮮戦争(~1953年)では日本が前線基地となって在日占領軍が大韓民国を支援するため出動し、原爆の使用も検討されたほどでした。同年3月に採択されたストックホルム・アピール(世界の人々に署名を呼びかけた核兵器禁止を求めるアピール)に世界中で集まった6億の署名が朝鮮戦争での原爆投下を思いとどまらせる力になりました。1951年9月にサンフランシスコ講和条約と日米安保条約が同時に結ばれ、アメリカの核の傘の下に組み込まれます。
 朝鮮戦争休戦後の核兵器開発競争の中で、1954年3月1日未明、太平洋ビキニ環礁においてアメリカが行った水爆実験によって、マーシャル諸島の人びとや多くの日本漁船などが被災しました。これらの船から水揚げされたマグロは放射能に汚染されて食べることができず、放射能雨による水や農産物の汚染問題も起きて日本中に不安が広がりました。焼津のマグロはえ縄漁船「第五福龍丸」の23人の乗組員全員が急性放射能症にかかり、無線長の久保山愛吉さんが「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」と言い残してその年の9月に亡くなりました。
 この3・1ビキニ事件は日本国民に大きな衝撃をあたえ、広島・長崎をくりかえさせるなと、全国に原水爆禁止の声がまきおこり、3千数百万の原水爆禁止署名が集められ、翌55年8月に第1回原水爆禁止世界大会が開催され、日本の原水爆禁止運動のスタートになったのです。
 「JCCU協同組合塾」は生協の平和活動もテーマにしてきており、2014年度第1回例会(7/31)は地元東京の被爆者の方にご証言をお聴きし語り合い、継承する企画としました。そこでまとめられた3人のご証言の記録が日生協労組も賛助団体になっている「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」のHPの証言集コーナーに掲載されました。
是非みなさまにもご証言を読んでいただきたいと存じ、こちらでもご紹介いたします。
「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」のHPの証言集コーナーはこちら
その中の以下の3本が7/31の例会でご証言いただいた方々の記録です。
【証言】東京_仲伏幸子_20140731
【証言】東京_柴田フミノ_20140731
【証言】東京_奥田豊治_20140731
なお、冒頭の写真は「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」を紹介するパンフレットの表紙です。希望者は一部200円でお頒けできますので、以下までご連絡ください。
会のHPの「継承ブログ」の「パンフレット」についての記事はこちら
スポンサーサイト

【2015/02/27 19:37】 | 情報
トラックバック(0) |
<Mより発信>
 生協の役職員OBの方からご案内いただきましたので、ご紹介いたします。
 21世紀型地域福祉システム研究会の「2014年度記念シンポジウム」が下記のように開催されます。是非ご参加ください。

【「21世紀型地域福祉システム研究会 2014年度記念シンポジウム」のご紹介】
真の地域包括ケアを実現するために
~八王子保健生活協同組合の実践~


 21世紀型地域福祉システム研究会は「このまちで、ともに暮らそう」を理念に定例研究会や調査を行うとともに、その成果をシンポジウムにして発表してきました。今回は、東京都八王子市の高尾山の麓の地域を中心に活動しておられる「八王子保健生協」の実践をフィールドに、皆さんとともに真の地域包括ケアについて考え、話し合う場を設けました。

 「八王子保健生協(はちせい)」は、「組合員さんの『元気なとき』から『医療や介護が必要なとき』、そして『終末』まで、(はちせい)の組合員活動と事業所で支えていくことを目指して」いくことを地域包括ケアの定義としています。
現在、「はちせい」は医療・介護総合福祉法の施行をにらみながら、中長期計画の策定を行っています。基幹病院である城山病院を在宅支援病院にしていくこと、既に事業開始した定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスを軌道に乗せること、組合員による互助の仕組みを強化するために生活支援活動研究会でもって方向性を指し示す等々しています。また、東京都単独事業であるシルバー交番事業を活用して、40年の歴史を持つ公団の団地で「ふらっと相談・ふらっとカフェ」というユニークな取組みを行い、地域包括ケアの視点から団地の再生を図っています。

 八王子保健生協の事業・活動の報告をいただきながら、今後の地域包括ケア、その地域にあった地域包括ケア、実践的な新しい生活支援の仕組みづくりについて考えあっていきたいと思います。多くの協同組合関係者、NPO、介護・医療関係者、研究者、行政関係の方々、それに市民の参加をお待ちしています。

企画概要
日時:2015年2月21日(土) 10:30~16:00
場所:プラザエフ(主婦会館)5階会議室
     (千代田区六番町15番地 JR・各地下鉄四ッ谷駅下車徒歩1分)
プログラム
10:30  開会挨拶
10:40  基調講演
テーマ:医療・介護総合福祉法の施行下での地域包括ケアを探る
講師:千田 透 氏(独立行政法人医療福祉機構 融資部長)
11:30  基調報告
テーマ:八王子保健生協の地域包括ケアの実践とこれから
講師:大久保 孝彦 氏(八王子保健生協 専務理事)
12:30 昼食・休憩
13:30 特別報告
テーマ: 新たな形で地域に広がる支え合い~八王子シルバーふらっと相談室舘ヶ丘団地とふらっとカフェのご紹介~
講師: 今泉 靖徳 氏(ふらっと相談室舘ヶ丘 室長)
14:30 ≪シンポジウム≫
「真の地域包括ケアを実現するために
 ~医療と介護の連携・地域支援力を強める~」
<シンポジスト>
〇杉本 淳 氏(城山病院院長)
 :地域の医療ニーズに応えた病院の未来
〇岩倉 真弓 氏(居宅介護支援事業所だいらくケアマネジャー)
 :高齢者の生きるを基本に介護と医療の連携
〇服部 真治 氏
(厚生労働省老健局総務課・介護保険計画課・振興課併任 課長補佐)
 :「はちせい」への期待と行政との連携
〇学生ボランティア(予定)
 :学生ボランティアだからこその良さを活かして
<コメンテーター>
 千田 透 氏/大久保孝彦 氏
<コーディネーター> 
 北 昌司(21世紀型地域福祉システム研究会会長)

主催:21世紀型地域福祉システム研究会
後援:日本医療福祉生活協同組合連合会
協賛:(株)シルバー産業新聞社
参加費:1000円(ただし学生は500円)
定員:70名
 ※定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。
申込み:別紙申込書により下記あてにFAXまたはメールでお申し込みください。
 21世紀型地域福祉システム研究会  E-mail rwsi21c@yahoo.co.jp
  FAX 03-5888-5792(シルバー産業新聞社気付)

【2015/02/17 12:47】 | 情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。