上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20141129賀川記念講演会での浜矩子さん15%縮小
<Mより発信>
10/18付けで「第35回賀川豊彦記念講演会」の紹介記事をアップしておいたが、参加して浜矩子さんのご講演を聞いてきたので報告させていただく。なお、昨年9/1の『ビッグ・イシュー』10周年企画で浜矩子さんが対談されたトークイベント参加報告記事もアップしてあるので、あわせてご参照いただきたい。

日時:11月29日(土)15:00~17:00
場所:明治学院大学白金校舎 2号館3階2401教室

講師:浜 矩子(はま・のりこ)氏
(同志社大学大学院ビジネス研究科教授、エコノミスト)

テーマ:「経済活動は人間の営み~我欲の論理を超えて~」

ご講演の概要
私は安倍政権の経済政策を「アホノミクス」と呼んでいるが、これは経済活動というものの本来のあり方と全くピントをはずれたところで邁進している。なぜこんなに自分の警戒心を刺激するのだろうかと考えているうちに次第によくわかってきた。最大の問題点は人間の姿がみじんも見られない、人間不在の政策パッケージであるということ。気持ちの悪さはそこに発している。
なぜ「人間不在」の政策姿勢になるのか。それは「富国強兵路線」のためであり、さらに明治の時の発想は「富国」のための「強兵」だったが、安倍政権は「強兵」のための「富国」であるのがより性質が悪く、強兵体制を裏付けるための経済政策をとっている。そして、その原因はグローバルに流行している「取り戻したがり病」。チームアホノミクスだけでなくプーチンなどもかかっている。
「日本を取り戻す」というのが安倍政権の主要スローガンになっている。今年の総理大臣年頭所感(1700文字程度)では「取り戻す」が3回出てきた。①強い日本=「強兵」にあたる。②強い経済=「富国」にあたる。③誇りある日本。
6月末の閣議決定の政策文書「日本再興戦略2014年版」には別のキーワードでも登場した。「日本の稼ぐ力を取り戻す」というか「取り戻せ」というニュアンス。チームアホノミクスは国民と国家の関係を逆転させ、近代国民国家の民主主義的位置づけを壊そうとしている。国家が国民に奉仕することが国民が税金を払って国家を維持するための条件なのに、国家に対して国民が奉仕するように逆転させている。「人間」という言葉は登場ゼロで「国民一人一人は」という表現が多く登場し、「総員奮励努力せよ」というイメージが浮かび上がる。強い国家を取り戻すため、国民が日本の稼ぐ力を取り戻せと言っている。
目玉にしている「地方創世」では、観光立国をめざせ、地方はみんなテーマパークになれと言っていて、そのために政府がお役に立とうということはない。
「女性活躍」も日本経済の成長のために未利用だった女性の力を活かすということで、人権、差別をなくすということは書かれていない。輝くという名の下にこき使うという政策で、これでは「女性輝きブラックランド」になってしまう。

「取り戻したがり病」に憑りつかれた人々は「人間」に目がいかない。いま焦点になっている「豊かさの中の貧困」の解消は、まさに賀川さんが取り組まれたテーマだ。日本は貧困率(年収120万円未満)が16.1%となり、先進国の中で第4位になってしまった(①アメリカ、②メキシコ、③トルコ、④日本)。子どもの貧困率も同じように高い。世界に冠たる先進国に不釣り合いな「貧困問題」「女性の地位の低さ」という状況がある。日本はかつては経済的格差が大きくない社会であったが、いつの間にかここまで格差が拡大してしまった。
今の日本はまるで「壊れたホットプレート」の状態。ムラなく行き渡るのが勘所なのに、部分的に熱が高い箇所と、低い箇所ができる、ムラやバラツキができる欠陥がある。株式投資などで潤うホットスポットがあり、コールドスポットは、非正規労働者、ワーキングプア、構造的貧困層などで「豊かさの中の貧困」で痛めつけられている。グローバル競争の中で生き残るために、人間を選別し、はじきとばされてコールドスポットへ落ちる人が大勢いる。
アホノミクスは意図的にコールドスポットを無視し、ホットスポットをあおる。「富国強兵」に役立つよう強いものをより強く、大きなものをより大きくしようとする。「円安」誘導も「株高」もホットスポットをあおるだけで貧困の解決にはならない。ホットスポットをあおって起きる問題の解決の手段は持っていない。まるで魔法使いの弟子が魔法をかける時のおまじないは知っているが魔法をとく時のおまじないを知らないという状態だ。

そもそも経済活動とは、人間の人間による人間のための人間だけの営みであり、人間を不幸にするものではない。経済活動の本質はあくまでも人間が幸せになるためのものであるべきという観点に立っている。経済効率を追求すると「人間」はひっこんでしまう。「ブラック企業」という言い方が広まっているが、「ブラックな行動」と言うべきで、ブラックな奴は「企業とは認知しない」という意気込みが必要だ。
孔子の『論語』の中に「心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず(こえず)」という言葉がある(のりは矩子の「矩」)。我欲を追求しながらも人様を傷つけることはしないという絶妙なバランスこそ経済活動のあかしである。この「悟りの世界」は聖書の世界にも通じている。(浜さんはカトリック信者とのこと)
『新約聖書』の「コリント人への第一の手紙」に、「われわれは子どもじみたふるまいと決別のときが来た」との言葉があり、コリント人=ギリシャ人でキリスト教に改宗した人々に向けられたもの。大人が子どもと違うのは、人の痛みがわかる精神性があること。「矩」を越えないのは人の痛みがわかる人である。ところが、子どもじみたふるまいと決別できない人々の政策は、幼児的凶暴性をもっている。そのことから今回の「ヒステリー解散」ともいうべき暴挙に出ていると思う。
このような子どもじみたふるまいをする人々と決別しなければ、孔子の悟りの境地に至ることはできない。

いただいた70分でお話したので質疑応答に入りましょう。
(以下に質疑応答からの一部をご紹介)
(質疑応答)男性3人、女性3人が質問し、答えられた。そのうち、興味深かった内容を以下にご紹介。

Q(女性):人間が社会を営むのに必要な「社会性」を育む教育が日本にはないが、どうしたらよいか。
A(浜さん):私は質問なくして授業なしというやり方にしている。進歩の原動力は疑問に思ったことを解明していくことによる。人の言っていることを鵜呑みにせず、的確な質問を発することで知的覚醒度が高くなる。とぎすまされた感受性を持った人間を育てるためのマインドセットは質問を発することだ。

Q(女性):先の質疑応答の中で、現在では「分かち合い」がうまく具体化できている国はないが、条件があるのは人口の規模が大きくて富のスケールも大きい日本だとおっしゃったので驚いている。日本の国民は選挙の投票率も低く、難しい選択を避けてしまう人が多い。そういう話も周囲とはしにくい「空気」がある。そこをどうしていったらよいかをお聞きしたい。
A(浜さん):社会をよくするための「陰謀」を考えるチームをたくさんつくることだ。「陰謀」を考えるのは楽しいものだ。ここにいる皆さんも「陰謀チーム」をつくって楽しい陰謀を企んでいきましょう。
※2つめの質問はMによるものでしたm(_ _)m
なお、会場にて浜さんの近著『地球経済のまわり方』(ちくまプリマー新書)の販売があり、さっそく買ってきて読んでいる。「風が吹けば桶屋が儲かる。カラクリに気づけば、経済は面白い! 古今東西の物語をまくらに、経済の根本原理と地球経済の今を描き出す」と帯にもあるが、読みだしたら面白くて電車を1駅乗り過ごした。皆様にもおすすめしたい。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2014/11/30 23:47】 | 情報
トラックバック(0) |
20141124九条の会集会トークリレー60%縮小
<Mより発信>
日比谷公会堂で開催された九条の会11.24集会&パレードに参加しました。入場整理券が配られるということで、今回初めて職場のOB・現役が一緒にパレードもできるように綿密に連絡をとりあった甲斐があって、一人一人の入場の時間がずれていても近くに集会でも座って一緒に歩くことができました(広い意味でメンバーを数えると15名にはなったかな)。憲法9条を守ろうという同じ志のOB・現役の有志ネットワークが生まれたことが嬉しく、心強いです。パレード解散地点の東京駅近辺の居酒屋で9名で盛り上がり、このネットワークの名前も考えました。
写真は、各地の取り組み報告の中で、みやぎ青年9条の会KIRAKIRA☆9がハロウィンパレードの時の衣裳で登場。「へいわん」と名付けた白い犬のみこしも担いできていて、ネーミングが洒落ていると感心して見ていました。こういう若い世代がもっと育ってもらえるよう、上の世代としてきちんと思いを伝えていく責任を感じました。
(追記)
意見のやりとりの末、「生協だれでも9条ネットワーク」という名前になり、メルアドの登録をすれば連絡係のOBのHさんから一緒に取り組むための情報のメールが届くということになりました。

【2014/11/25 22:13】 | 情報
トラックバック(0) |
『新版 1945年8月6日』表紙
<Mより発信>
被曝者のご証言を記録に残すボランティアに取り組むようになって、より深く理解できるようにと原爆をテーマにした文学作品を系統的に読み始めた。林京子の『祭りの場・ギヤマン ビードロ』(講談社文芸文庫)の作家案内のところに、川西政明が日本の原爆文学を以下の3派に大別したとあったので、私の読んだ作家をその中で確認してみた。(1)原爆投下時に広島・長崎にいあわせた文学者たち:原民喜・大田洋子ら、(2)被爆者ではないが自らの内なる広島・長崎を主題に作品を書く人たち:井伏鱒二・大江健三郎ら、(3)学生時代に被爆し長じて作家となり、被爆後遺症の不安にさらされながら自己を凝視め、亡くなって行った友人や家族を鎮魂する作品を書いた人たち:林京子ら。

それぞれの方の広島・長崎での被爆体験からの作品、体験からではないが共感の中で被爆者を描き出した作品、被爆後のその後の人生を本人だけでなく多くの人物像として描き出している作品など、実にさまざまである。
永井隆の『長崎の鐘』も読んだが、クリスチャンとして天与の受難として受けとめてしまうという結末に共感できなかった。犠牲になって亡くなったクリスチャンの血で贖われなければならなかったものなどないと思った。

一方で、当時の歴史に関わる本も少しずつ読んでいる。半藤一利の『日本のいちばん長い夏』 (文春新書) は当時、政治や軍部の中枢から前線の将兵や銃後にいた人々まで、30人の貴重な証言。戦争がなぜ早くに収束できなかったのかもよくわかった。戦争を起こさない、早く収束させるためにどんな努力が必要かということを考えさせられる。
系統的に勉強を続けながら、ご証言の記録を残す取り組みも続けたいと思っている。

冒頭の写真は、伊東 壮の『新版 1945年8月6日―ヒロシマは語りつづける』 (岩波ジュニア新書) の表紙写真。ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会での11/8の「被爆の証言を聞くつどい」のご証言者・山本英典さんがまず読んで欲しいと推薦されていた本だ。アマゾンのカスタマーレビューにも「子供も大人も関係なく是非一度は読んでみて欲しい。そして戦争について考え始める一つの入門書としてほしい」とあった。私もなるべく早く読もうと思っている。

【2014/11/22 11:21】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
2014『no more hibakusha』表紙スキャン画像70%縮小.jpg

<Mより発信>
JCCU協同組合塾では、昨年度第1回例会(2013/7/18)で「生協の平和活動の歴史とこれからの課題」今年度第1回例会(2014/7/31)で「ヒロシマ・ナガサキを聴き、語り、受け継ごう」という例会を開催してきた。
ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会は、昨年12/14のつどいで確認された「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ごう」のよびかけに賛同するネットワークを結成(日本生協連、日本生協連労働組合も賛同)。会のHPの中に「継承ブログ」も組み込んで、情報発信を増やしながら取り組みを広げてきた。
日本被団協とともに来年2015年のNPT再検討会議に向けて「被爆者からのメッセージ集」の編集もすすめていて、協同組合塾で7/31に3人の被爆者のご証言をお聞きした内容と当日参加したメンバーからの声も一部が抜粋されて掲載される見込み。12/13に開催される「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐつどい」で日本語版が発表され、英訳して来年のニューヨークで活用されることになっている。

以下、12/13のつどいについて、会の「継承ブログ」より転載してご紹介いたします。
冒頭の写真は、会の紹介パンフレットの表紙です。
【2014/12/13 「ヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐつどい」】
被爆70年、2015年NPT(核不拡散条約)再検討会議への行動をステップにして、核兵器が人類と共存できないことを、そして核兵器をなくすためにどうすればいいのかを、共に考え、歩んでいく輪を広げていきましょう。
各地でヒロシマ・ナガサキを語り、受け継ぐ取り組みをしてきた方、これから何か始めようと考えている方、ちょっと関心があるんだけれどという方…、さまざまな人たちが参加できるつどいです。あなたもぜひ、ご参加ください。

日時 :12月13日(土)午後1時半~4時半
場所 :東京四ツ谷 主婦会館プラザエフB2クラルテ(JR四ツ谷駅麹町口出てすぐ)
主催 :ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐネットワーク
参加費 :無料
■全体企画 被爆70年、核兵器のない未来に向けて私たちにできること(仮題)
■各地の取り組みをつなぐリレートーク
■被爆の証言
■ミニコンサート (中村里美さん プロフィールなどは http://musevoice.com/satomi/)

詳細は、以下の「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」の「継承ブログ」でご確認ください。
12/13つどいの開催情報記事はこちら (チラシや参加申し込み書、会場地図のリンク等もあります)
「継承ブログ」には当日までのいろいろな情報も連載されるとのことです。

【2014/11/17 17:59】 | 情報
トラックバック(0) |
20141031賀川豊彦記念松沢資料館の案内板60%縮小.jpg
<Mより発信>
 10月31日(金)PM、職場の教育PJTで賀川豊彦記念松沢資料館の見学に行ってきた。3回目くらいの見学だが、今回は館長が交代され、新館長の金井新二先生にもご挨拶したいと思い、参加してきた。DVD「愛と協同」の鑑賞、金井館長の講演「賀川豊彦、近代日本のチャレンジ精神」、そして杉浦副館長による展示説明をお聞きしてきた。
前回2012年12月の「賀川豊彦と協同組合運動展」の見学の報告記事はこちら

以下、今回の見学から考えたことを書かせていただく。

 「社会主義」という言葉は、1991年にソ連邦崩壊以降、信奉者が激減しただけでなく、いわゆる多数派をめざすためには敬遠されがちな言葉になってきているように思う。しかしながら、そもそもは、ということを考えてみる。「ブリタニカ国際大百科事典」の「社会主義」の用語解説によると、「資本主義の矛盾を批判し、これを克服して、新たな社会を建設しようとする思想と運動の総称。この思想は、資本主義とほぼ同時に生れたといえる」とある。
 19世紀前半にヨーロッパに生まれた「ユートビア社会主義」、社会民主主義、マルクス主義、キリスト教的人権思想と社会民主主義が融合したキリスト教社会主義、社会主義がさらに発展した段階といわれる共産主義など、実に多様な思想として展開している。
 キリスト教社会主義を日本において代表する人物として、賀川豊彦、吉野作造、片山哲(戦後、短期間だが首相になった)が挙げられると思う。そして、賀川、吉野はいずれも生協に大きく関わっている。賀川豊彦の指導により設立された生協は、「灘購買組合」、「神戸購買組合(のちに消費組合に改称)」、関東大震災以降に移り住んだ東京で「江東消費組合」、「東京学生消費組合」など。そして、吉野作造たち東大YMCAのメンバーが中心になって設立された「家庭購買組合」は戦前最大の生協だったのだが、戦後の混乱の中でたちゆかなくなって解散してしまったので忘れ去られている。
 日本においても資本主義社会の発達してくる中で、その矛盾を解決して社会をよりよく変えていこうとするために立ち上がった人々がいて、キリスト教社会主義だったり、共産主義だったり思想的な立場はそれぞれだったが、様々な取り組みがあって、その中に生協だったりその他の協同組合を立ち上げて頑張っていたのだということを、まずはおさえておこう。そうなると、社会をよりよくしていこうという活動を広くとらえることができて、生協が事業だけではなく社会的活動に取り組む必然性がより理解しやすくなるのではないだろうか。
 2009年の賀川豊彦献身100年記念事業、2012年のIYCの取り組み以降、松沢資料館が2013年3月から毎年「賀川スクーリング」を開催し、2014年度からはセミアニュアルレポート『賀川豊彦と協同組合』を年2回発行され、協同組合の人材育成の中で役立ちたいというミッションを明確にされていることが頼もしい。さらに今年度、吉野作造記念館と共同で「吉野作造と賀川豊彦~貧しき者、弱き者のために」がそれぞれの会場で巡回で開催されるという企画のご紹介があって、これは大変よい企画ではないかと思えた。是非、観にいきたいと思う。
10/12~12/28の大崎市の吉野作造記念館における「吉野作造と賀川豊彦~貧しき者、弱き者のために」の案内はこちら
吉野作造記念館のHPはこちら
 日本の社会は、二大政党制志向の大失敗以降、ますます弱者切捨て、格差拡大を強めている。日本生協連の職員も時代の空気の中で息苦しく、展望をもつ気力を維持するのが難しくなっている。そういった時に、先人の実践から勇気をもらえることがあるだろう。
 松沢資料館には、そういう賀川豊彦という協同組合の先人のスピリットを後世や世界の人々に発信していただきたいし、私もできることはしっかりやっていきたいと思っている。
以上

【2014/11/05 18:00】 | 情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。