上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130901ビッグイシュー10周年講演&対談企画60%縮小
<Mより発信>
6~7年前、渋谷の本部の職員有志で『ビッグイシュー日本』スタッフのお話を聞くという学習会が開催された。残念ながら私は参加できず、そこで用意されたバックナンバーを買わせていただくことができた。学習会の報告書を読ませていただき、ホームレスの自立を支援することをビジネスとして取り組むという趣旨に賛同し、『ビッグイシュー』の内容も読みごたえがあったので、HPでチェックして面白そうだと思える号を買わせていただくことにしてJR四ツ谷駅前に立っている販売員さんから買わせていただいて愛読している。
9/1に「10周年記念連続イベント」の講演と対談「これからの日本を考える」(於:明治大学リバティタワー)に女子高時代の友人と二人で参加してきたので、ご報告させていただく。
『ビッグイシュー日本』のHPから「ビッグイシュー日本とは」

冒頭に、イギリスのビッグイシュー創始者であるジョン・バード氏の挨拶があった。施しではなくビジネスとしての取り組みだったからこそやる気になったし、世界に広がっているということを情熱的に話されて感銘を受けた。

【講演と対談「これからの日本を考える」浜 矩子さん×萱野 稔人さん】
各自20分ずつの講演の後、司会者なしで二人でしゃべるという型破りの対談となった。
浜 矩子さん講演
成熟した社会とは大人の社会。桂文珍の落語「老楽風呂」からイメージして「老楽社会」という本を書いている。本当の「老楽社会」に必要なマインドとして3点。
①他人(ひと)の痛みがわかること。他人の痛みが我がことの如くわかるようになることが人間の成熟度の試金石であり、感受性、想像力がなければならない。
②他人(ひと)のために動くこと。痛んでいる人のために動くこと。
③「足るを知る」(落語のお爺さんが力説していた)を超えること。「足るを知る」には自分さえよければというニュアンスがあり、自分の他に目がいっていない。
本当の大人の条件は、③と言っているだけでなく、①②が内包されていなければならない。
その上でアクション(行動)していくために必要な3つの手がある。
①(痛んでいる人に)さしのべる手。ジョン・バード氏の言われたリフトアップするための手。
②抱きとめる手。包容力の大きな社会、包摂度の高い社会にすること。
③握り合う手。上から目線ではなく、パートナーとして支える。
この3つで「足るを知る」を超えていける。
萱野 稔人さん講演
『ビッグイシュー日本版』206号(2013.1.1)の特集「『縮小社会』を生きる」でインタビューと雨宮処凛さんとの対談で登場している氏の「縮小社会」論をパワポでデータをいろいろ示して概説。
名目賃金の日米欧比較のデータからもわかるが、日本だけが下がっている。企業だけ内部留保を増やしたり株主配当を高率で続けて、労働分配率は下がり続けている。サプライサイドだけの経済政策の発送を変えない限りはもっと悪くなる。物理的縮小だけでなく人為的な縮小であることを理解し、自分たちの意識だけでなく、政策の中身まで変えていかなければならない。萱野さんの「縮小社会」のイメージはかなり暗かった。

対談
浜さんの「縮小社会」のイメージは全く違っていて、成長ではなく、成熟した社会というラクになるイメージ。分配の仕方も成長の時代と違ったものとして発想を大転換して注力していく。
「分配の仕方」についてがテーマになっているのに、萱野さんはそこが提起しきれない焦燥感が漂っていた。どう抗っていけばいいのかと投げかけると浜さんが答えた。
バッシングには必ず「本末転倒」や「すりかえ」がある。それをごまかされない、まやかされないで、粘り強くめげないでやっていくことだと。
企業の内部留保が上がることについて、買収に備えるためだと言われてしまう。それをどう一蹴(イシューにひっかけている?)するかという投げかけには「基本に戻ること」だと返された。銀行でもない企業がお金をためこむのはおかしい。買収に備えるというのは敗北の論理であり、企業の「企」はくわだてであり、くわだては楽しいことで、楽しくなくてはいけない。
佐野さんのビッグイシューの10周年の奮戦記には、つらくて大変そうなことをやっているのに「面白い」「おかしい」「楽しい」という言葉がたくさん登場している。
浜さんは、アムネスティインターナショナルの「希望のための陰謀」という言葉が気に入っているという。今の状況を踏まえて希望の種を蒔く、希望の灯をともし続けることだ。
若手の萱野さんは「希望をどうやってもてばよいか」という質問をよく受けるが、そこはおいておいて、楽しい社会にする企ては考えられるという。「排除に抗う社会」として、「機会」を作り出すが大事でその一つがビッグイシューのような取り組みだ。さらに分配の方法の工夫として南米やイタリアで盛んな「労働者協同組合」という組織もあると言及され、ここで「協同組合」との接点を確認した。

会場からの質問に答えて
会場の何人かとやりとりがもたれた。せっかくなので私もひとつ質問させていただいた。分配の方法がテーマになっているので、206号の特集「『縮小社会』を生きる」で萱野さんが否定されている「ベーシックインカム」についての浜さんにお聞きしたいとお願いした。萱野さんも「僕も聞きたい」と賛同してくださって、浜さんのお考えを聞くことができたのが大収穫だった。
「ベーシックインカム」はしくみがどう設計されるかが問題だが、本質的なコンセプトとしてはいいところをついている。誰もがまともに生きていくことができる社会として、まともな収入=ディーセントインカムが得られるしくみとして考えることだ。
萱野さんが否定的な見解についての説明もひとことあり、一律に現金を給付するような方法ではダメで「機会」を与えることが大事だと強調された。
浜さんからは、現金が必要な場合もあるし、ディーセントライフを送るためにその時に必要なものが与えられることが必要だと語られて、ようやく落としどころを得たように思えた。

他の方とのやりとりの中でも、浜さんの「だまされてはいけないし、絶望してはいけない」という言葉や、本日の参会者を「素晴らしき縮小社会のための市民たちの陰謀の決起集会」の参会者と表現し、そういう人がこれだけいるのだから希望を捨ててはいけないという言葉が印象的だった。

冒頭の写真は、ビッグイシュー日本代表の佐野章二さんの最後の挨拶の時に販売者、スタッフの皆さんが登壇したところを携帯で撮影したもの。
この日の夜7時のNHKのニュースで『ビッグイシュー日本』が10周年を迎えたというコーナーが5分くらい設けられ、この集会の様子も開会前の佐野代表インタビューとジョン・バード氏の挨拶が映し出されていた。
以上
スポンサーサイト

【2013/09/01 23:31】 | 情報
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。