上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<Kより発信>
 1895年にロンドンで設立された世界の協同組合の連合組織、国際協同組合同盟(ICA)は、現在93カ国249団体、組合員は10億人を超える世界最大のNGOとなっている。国際協同組合デーは、全世界の協同組合員が心を一つにして協同組合運動の発展を祝い、平和とより良い生活を築くために運動の前進を誓い合う日で、毎年7月1土曜日と定められている。1923年から始まり今年89回を迎えた。
 今年の国際協同組合デーに関して、私も参加した記念中央集会なども含めて紹介する。

ICAの国際協同組合デーに向けたメッセージ
 
 ICAは、2011年の国際協同組合デーに向けて、『若者:協同組合の未来』というメッセージを発している。このテーマは、21世紀の協同組合の発展に欠かせない課題であると思えたので紹介する。以下、主な要旨。

 「2011年の国際協同組合デーのテーマは、協同組合の事業モデルがいかにして若者をエンパワーできるものであるかを強調しています。
 国際協同組合デーにあたり、若者による協同組合運動への参加を、全ての協同組合関係者が促進する必要性を呼びかけます。協同組合の事業モデルについて知らない若者は沢山います。学校のカリキュラムで協同組合に関する授業が組み込まれていないことが多いため、学校で習うことがないのです。また、自分たちが使っている製品やサービスが、協同組合によって提供されていることに気づかない若者もいるでしょう。
 ソーシャルメディアがかつてないほど若者どうしを結び付けているこの時代に、協同組合はまたとないチャンスを迎えています。協同組合は、この新たな世代にとって非常に魅力的な連携行動の形を具体的に示すモデルなのです。」

 私は、以前、千葉県にある私立大学の生協に在籍し、大学の商業の科目で担当教授から要請を受け生活協同組合について教壇で話したことがある。「学生達は、“生協”は知っているが、どのようなしくみと目的を持った組織かについては、ほとんどの学生は知らなかった。」講義の感想文を読むと、興味・関心を持ってくれた学生が多かったことを思い出した。

国際協同組合デー記念中央集会
 
 さて、日本においては、日本協同組合連絡協議会(JJC)と2012国際協同年全国実行委員会主催による『第89回国際協同組合デー記念中央集会』が、7月14日に新宿・全労済ホールにおいて開催された。
 今年の記念中央集会のテーマは、『震災復興のために協同組合に何ができるか』であった。農協、漁協、生協の代表がパネラーとなり 小林正弥(千葉大学大学院教授)氏がコーディネーターを務められた。
 私は、これまで、農協や漁協は、行政との関わりが深いので、行政機関のように感じられ、一戸ごとが共同する協同組合のイメージを持てなかったというのが本音だった。
 今回は、震災にあたっての農協・漁協の活動報告を聞いて、協同組合の仲間であると感じることができた。JAいわて花巻では、各農家が、白米を1升ずつ出し合い43tも集め、被災地域に届けたという。宮城県漁協では、ほとんどの組合員が漁船・漁具・施設、住居の大きな損壊を受けたにも関わらず、これまでも共同で守ってきた漁業を復興しようという団結力が強いのに驚いた。また、会場発言の全労済、労働金庫、ワーカーズコープなども、協同組合らしい支援活動を幅広く展開している。生協では組合員だけでなく地域への支援活動も全国の生協が協力し展開した。大震災に遭遇し、これまで縦割りになっていた協同組合が、はじめて、ひとつになったように思えた。
 コーディネーターの小林教授は、公共哲学の立場から、公(公助)、私(自助)中心の社会から共(共助)・友愛・新しい公共のセクターが社会を担っていくことへの期待が述べられた。2009年の国連総会が定めた「2012年の国際協同組合年」に向けて、各協同組合はその存在意義を再度確認し、協同組合陣営として力を合わせ、社会に発信できたらよいと思った。

 最後に、ICA会長のポーリン・グリーン氏の記者会見の記事を紹介する。
 2009年に女性初のICA会長に就任したポーリン・グリーン氏が来日し、地震と津波で壊滅的被害を受けた宮城県亘理町や名取市を視察した。農協や漁協が被災した農漁家の再起に力を貸したり、全国の生協が被災地支援に尽力したりした実態を知り感銘を受けたという。「人々の心に訴え、ニーズにこたえる日本の農協や生協の活動は、協同組合活動の原点である」と語った。
 協同組合活動は世界の隅々まで浸透し、健全な市民社会の形成に役立っているのだが、認知度はいま一つ。認知度を高めるのがICAの最大の課題で、そのために来年の国際協同組合年を活用したいという。
 世界中の国々が抱える経済社会問題を解決するのに、協同組合のビジネスモデルが最も有効であること知ってもらいたい。エネルギーの確保、福祉の充実、地域の再生などの課題に取り組むのに、協同組合モデルは適している。その証拠に国民の満足度の高い北欧の国々では、協同組合活動が盛んだという事実を挙げた。
(日本記者クラブ企画委員 村田泰夫氏の会見メモより掲載)


スポンサーサイト

【2011/07/20 19:50】 | ブログ
トラックバック(0) |
1945日協同盟創立総会宣言と綱領案15%×80%縮小.jpg

<Mより発信>
1990年に設立された「生協店舗近代化機構(COMO Japan)」は、日本生協連内に部会として組み込まれた後、2000年に歴史的役割を終えて解散した。全国に果たした大きな役割の一つに「長期国内留学制度(コモテック・こうべ)」があり、事務局の井上淳信氏は「コモテック」の名前を残したいと考えられ、独立して(株)コモテック人材開発研究所を設立し、現在も活動を続けている。
その井上氏には関西地連事務局時代にお世話になり、先日、当資料室にお立ち寄りくださったおりに、生協や協同組合関係の歴史的資料がたくさんあることも説明させていただいた。その時に標記の資料のコピーもしていただいたのだが、後日、口語体表記にしたものを送ってくださった。
「日本協同組合同盟創立総会の宣言は『協同組合の高らかな理想と可能性』を明確に示している名文と感じました。このまま資料として過去の出来事にしたくなかったので口語文体にしてみました。ただし、宣言の趣旨を歪めることは許されないことなので、末尾に責任の所在を明記致しました。宣言の精神が広がるように口語体にしたのですから、よろしければご自由に使って下さい。」とのことであった。
さっそく、こちらでご紹介させていただくことにしたい。冒頭が資料の現物の写真である。
また、コモテック関係の発行物等一式もご寄贈いただいたことも付記しておく。

【日本協同組合同盟創立総会の宣言(案) 綱領(案)】
宣言(案)
 人類の名に於て誠に恥ずべき逆政悪法によりて久しく翻弄支配せられ、天与の尊き個性と自由を蹂躙し、伸し得べき才能を涸渇阻止し来れり、是れ敗戦日本の姿なり。
 然るに今や日本の再建、世界の革新により、これ等逆政、悪法の撒廃社会組織の改造は必至の情勢に立ち至れり。我等日本再建の同志等相はかり、破壊せられたる民衆生活の安定確保と文化の躍進を企画し、ここに日本協同組合同盟を結成す。広く天下の同志に訴え、東亜の連繋より太平洋圏に及びやがて国際的結合にいたる世界人類解放の一翼たらん。
 我等は我等と志を同じうする友誼団体と相提携し、生産消費を正義化し相互扶助の世界建設に邁進せん。若しそれ百の法則、千の政策も人類解放の大愛によらずんば断じて之を拒否し闘争を準備せん。
 我等は一騎当千の勇を鼓し、協同組合の旗の下、十人を以て二十人の事をなし百人をもって千人の事を為さん、これ同志一体とならば難きにあらず。
 我等は時代を貫き、人類と国土を通じて変わることなき信条のもとに屈せず妥協せず、正義の前に厳然として遂行せずんば止まざるたぐひなき情熱を以て戦ひを闘はん。
 右宣言す
 昭和二十年十一月十八日 
日本協同組合同盟創立総会

綱領(案
一、我等は協同組合による都市農村漁村協同体制の確立に努め食糧及住宅問題を解決し以て民衆生活の安定確保と新日本文化の昂揚を期す。
一、我等は民衆生活を厭迫する一切の悪法、悪政に反対し、民主的協同組合法の制定と官僚的協同組合の徹底的自主化を期す。
一、我等は労働者、農漁民による自主的金融機関の設立と高度なる協同的社会保険の確立を期す。
一、我等は文化、教育の奪還と創造、特に教育の機会均等を要求し、国際的協同組合交易と連合強化による世界平和の確立を期す。

※原文に従って、現代口語文字に置き換えました。
2011.7.1 ㈱コモテック人材開発研究所 井上 淳信

【2011/07/06 12:55】 | 文献紹介
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。