20170721講師の林田光弘さん
<Kより発信>
 7/7に国連で「核兵器禁止条約」が採択されましたが、「ヒバクシャ国際署名」はそれを全ての国に結んでもらおうという趣旨で被団協が取り組んでおり、日本生協連も全面的に応援しています。そして「ヒバクシャ国際署名」の取り組みについては、震災復興募金と同様に、日本生協連、コープ共済連、日生協労組の共同で職員に呼びかけられており、業務としての学習会を開催した上で、現在、署名の取り組みをすすめているところです(三者連名の署名用紙も作成)。
 「JCCU協同組合塾」2017年度第1回例会は、「ヒバクシャ国際署名」について学ぶ企画」とし、SEALDsメンバーとして活動され、長崎の被爆3世として被団協の役員=大学生協OBでもあり、東北大学助教授だった田中熙巳さん)から乞われてキャンペーンリーダーとなって活動している林田光弘さんからお話しいただきます。さらに、被爆体験の継承、核兵器を巡る情勢を知るなどの学習活動推進の一貫として、今回の「JCCU協同組合塾」の学習会の趣旨に日本生協連として賛同するということで協賛が決まり、職員ポータルサイトの「役職員へのお知らせ」で参加を呼びかける記事を掲載していただきました。
(以下、林田さんのfacebookでの記事より)
 核兵器や化学兵器、生物兵器は「大量破壊兵器」と呼ばれますが、核兵器以外のものは禁止条約が存在します。かつて、「対人地雷禁止条約」が作られる際、今の核兵器と同様に「条約なんて作っても主要国は参加しない、そんなの意味がない」と言われていました。しかしながら、禁止条約が出来てから、「地雷は悪いものだ」という大キャンペーンが始まりました。すると、主要国のほとんどが使用していた対人地雷が今では使用国は数カ国に激減しました。この流れの軸となったのは「禁止条約」でした。核兵器禁止条約も、同じように、まずは条約を作ることで、世界共通の「使ってはいけないもの」と言う物差しを作るところから始めなければなりません。あとは、「どの国であっても核兵器は許せない」というキャンペーンを進めていくのです。
 生協の平和活動の歴史を踏まえた企画です。署名の主旨を正確に表したタイトルに変更しました。多くの皆様のご参加をお待ちしています。
【2017年度第1回例会(7/21)のご案内】
テーマ:核兵器禁止条約をすべての国に!
        「ヒバクシャ国際署名」を広げよう!
  
講師:林田 光弘 さん
     (「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダー、元SEALDsメンバー、明治学院大学大学院生)
 
日時:2017年 7月21日(金)
 第1部 18:00~19:30
 第2部 19:45~21:00で簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:日本生協連コーププラザ2F 震災対策室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
 また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/475688/
以上

【2017/07/17 23:58】 | 企画予定
トラックバック(0) |
20170721講師の林田光弘さん
<Kより発信>
 「ヒバクシャ国際署名」は、震災復興募金と同様に、日本生協連、コープ共済連、日生協労組の共同で職員に呼びかける取り組みとなります。林田さんは、SEALDsメンバーとして活動され、長崎の被爆3世として被団協の役員から乞われてキャンペーンリーダーとなって活動しています。(以下、林田さんのfacebookでの記事より)
 核兵器や化学兵器、生物兵器は「大量破壊兵器」と呼ばれますが、核兵器以外のものは禁止条約が存在します。かつて、「対人地雷禁止条約」が作られる際、今の核兵器と同様に「条約なんて作っても主要国は参加しない、そんなの意味がない」と言われていました。しかしながら、禁止条約が出来てから、「地雷は悪いものだ」という大キャンペーンが始まりました。すると、主要国のほとんどが使用していた対人地雷が今では使用国は数カ国に激減しました。この流れの軸となったのは「禁止条約」でした。核兵器禁止条約も、同じように、まずは条約を作ることで、世界共通の「使ってはいけないもの」と言う物差しを作るところから始めなければなりません。あとは、「どの国であっても核兵器は許せない」というキャンペーンを進めていくのです。
 生協の平和活動の歴史を踏まえた企画です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。
【2017年度第1回例会(7/21)のご案内】
テーマ:核兵器禁止条約の制定を求める「ヒバクシャ国際署名」を成功させよう!  
講師:林田 光弘 さん(「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダー、元SEALDsメンバー、明治学院大学大学院生) 
日時:2017年 7月21日(金)
 第1部 18:00~19:30
 第2部 19:45~21:00で簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:日本生協連コーププラザ2F 震災対策室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
 また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/475688/
以上

【2017/06/29 23:51】 | 企画予定
トラックバック(0) |
藤田孝典著『下流老人』表紙70%縮小.jpg

<Yより発信>
 今回は、昨年発刊されベストセラーとなった「下流老人~一億総老後崩壊の衝撃」 (朝日新書)の著者であり、埼玉県内で生活困窮者支援に取組む、新聞や様々なメディアでも積極的に発言されている藤田孝典氏(特定非営利法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学客員准教授)に講演いただきます。
 子どもの貧困とともに高齢者の貧困も深刻化しており、藤田氏は「生活保護水準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」 を「下流老人」と名付けました。正規職員で定年まで働き厚生年金をもらっていても、誰でも起こりうるいくつかのアクシデントが重なるだけで、藤田氏のいう「下流老人」化する可能性があります。今回の学習会では、その深刻な実態と要因、高齢者の貧困問題への対処のあり方について報告・解説いただき、生協に対する期待についても触れていただく予定です。
 (なお、藤田氏には、3月19日に大阪で開催される日本生協連「生活相談・貸付事業普及研究会報告会」でも講演いただく予定で、協同組合塾でもほぼ同じテーマでの講演をお願いしております。)
 現在、非常に多忙な藤田氏のお話を聴く貴重な機会ですので是非ご参加ください。

【2015年度第3回例会(3/30)のご案内】
テーマ:「高齢社会に備える-下流老人にならないために」  
講師:藤田孝典さん(特定非営利法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学客員准教授) 

日時:2016年 3月30日(水)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:日本生協連コーププラザ2F 震災対策室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/379603/
以上

【2016/03/09 18:34】 | 企画予定
トラックバック(0) |
<Mより発信>
 2014年度第3回例会の講師は、コープさっぽろマーケティング部調査分析担当の星野浩美さんにお願いしました。生協総研の「組合員の参加と消費行動研究会」(仮称)への参加も予定されているということです。2013年4~6月にはイタリア北部トリノにあるノバコープ生協の食教育を中心にした生協と学校との連携による消費者教育の実践について視察、研究のために派遣され、その成果は、同年9月の『生活協同組合研究』誌に寄稿されています。
スローフード発祥の地であるイタリアは食意識が高く、多くの国々と国境を接していることからこれらの影響を受けながら現在のイタリア食文化が形成されています。また、トリノは文化・気候・風土が北海道との共通点が多いということ、ノバコープを中心に生活協同組合の食における消費者教育が非常に盛んであることから、食教育のベンチマーク都市として視察をされたとのことです。
食育を中心にした消費者教育を取り組むことが生協としての持続可能性を担保すること、学校や生産者などの様々な団体をオーガナイズする機能を生協が果たすことの意義の大きさなど、イタリアのノバコープやコープさっぽろのマーケティング部における実践から学びたいと思います。
<星野浩美(ほしの ひろみ)さんの略歴>
 2011年 学習院大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学、同年より現職。マーケティング部に所属し、顧客データ分析を担当。

【2014年度第3回例会(2015年3/12)のご案内】
テーマ:「イタリアの生協の食教育に学んで~未来の組合員を育て、地域に貢献する」  
講師:星野 浩美さん(コープさっぽろマーケティング部) 

日時:2015年 3月12日(木)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:コーププラザ4F 第4会議室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/271315/
以上

【2015/03/02 12:29】 | 企画予定
トラックバック(0) |
『コープ商品物語2014』表紙25%縮小.jpg

<Mより発信>
 11/25にアップしていた2014年度第2回例会のご案内を再掲します。昨年度よりJCCU協同組合塾では「未来を拓くために、過去・現在を見つめる」というテーマを掲げています。

 日本生協連では今年度から「ラブコープキャンペーン」に取り組み、3月末の「コープ商品ミュージアム」(コーププラザ1階)開設に続き、先日『コープ商品物語 2014』を発行しました(冒頭の写真はその表紙)。
協同組合塾では昨年度の第2回学習会で「組合員商品活動の歴史」を学びましたが、今回は「ミュージアム」、『物語』の両方の監修をされ、日本生協連コープ商品が生まれ育った時代をよく知っておられる日本生協連OBの中野邦夫さんに、商品部からの視点で歴史を語っていただきます。中野さんは1967年に日本生協連に就職し、事業部で食品の商品担当、食品課長、家庭用品課長、その後広報担当部長などを歴任されました。
そして日本生協連のコープ商品ブランディングの再構築について、商品政策室の炭谷昇さんから簡単な報告もいただきます。
「温故知新」とは過去の事実を研究し、そこから新しい道をひらくこと。歴史に学びこれからを考えていく機会にしたいと考えています。

【2014年度第2回例会(2014年12/19)のご案内】
テーマ:「コープ商品の歴史とこれからを考える」  
講演:中野 邦夫さん、簡単報告:炭谷 昇 さん 

日時:2014年12月19日(木)
 第1部 18時~20時
 第2部 20時~21時30分 簡単な交流会を行います。
 (飲み物・つまみ付き)
会場:コーププラザ2F 震災対策室
参加費:無料
(但し、第2部交流会参加費の500円をお願いします)

<参加申込方法>
 JCCU協同組合塾には、誰でも参加できます。ご存知の幹事メンバーにご連絡ください。
また、「こくちーず(告知's)」というシステムを使う参加申し込みの受け付けもしています。下記のイベントページの申し込みフォームから、参加申し込み登録をお願いします。準備の関係上、第2部交流会の出欠もあわせてご連絡ください。
JCCU協同組合塾イベントページ
念のため、URLは以下の通り。
http://kokucheese.com/event/index/237550/

【事前学習用ツールのご案内】

1.「コープ商品サイト」のご紹介
ミュージアム開設に連動して「コープ商品のあゆみ」コーナーができました。各年代ごとに略年表と2本ずつの歴史エピソードの動画がご覧いただけます。

2.『コープ商品物語 2014』についてのご紹介
2014年11月に日本生協連商品政策室から発行された48ページの冊子。事前学習などでご入用の際は、以下にお問合せください。日本生協連商品政策室事業広報グループ Eメールアドレス: goods.kouhou@jccu.coop
主要目次は以下の通り。
第Ⅰ部 コープ商品のあゆみ
1960年代:メーカーの管理価格に対抗して安定的により安く供給するために
1970年代:物価高騰と有害食品不安の中で共同購入の急速拡大を支える
1980年代:組合員が飛躍的に増加する中、各地でコープ商品の開発が進む
1990年代:地域生協の事業連帯が進展 多様なテーマでコープ商品を開発
2000年代:進む全国共同開発 新たな全国生協ネットワークの構築へ
資料:年表
第Ⅱ部 コープ商品が大切にしていること
1.あたりまえの安全を維持し、品質を向上する
2.組合員の思いを結集して、お求めやすい価格でお届けする
コープ商品はこれから
下の写真は、第Ⅰ部の中扉のデザイン。歴史的なコープロゴを地紋に使っている。
『コープ商品物語2014』Ⅰ中扉25%%縮小.jpg
以上

【2014/12/17 18:23】 | 企画予定
トラックバック(0) |