上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<Yより発信>
【協同組合とサッカー】
協同組合とサッカーには共通点が多いということについて、私は個人的にいろいろなところで話してきた。今回はグローバリズムとローカリズムの視点から述べたいと思う。
第一に協同組合とサッカーが、非アメリカ的グローバリズムの典型ということである。
現在、協同組合とサッカーは全世界の隅々にまで拡がり、億の単位の人々にとって生活に欠かせないものとなっている。協同組合の組合員は世界で10億人以上と言われるが、サッカーのファンの数はそれを超えるだろう。サッカー選手として登録されているだけでも1億人を超えているためだ。グローバリズムの典型としてあげられるものは大抵アメリカ発かアメリカ中心なのであるが、協同組合とサッカーはそうではない。
いずれもその起源は19世紀のイギリスであり(サッカーファンにとってはイングランドである)、ともにマンチェスター近郊の都市ロッチデール(生協)とシェフィールド(サッカー)である。
歴史上の最古の協同組合は1844年にロッチデールで誕生し、その13年後の1857年に最古のサッカークラブ・シェフィールドFCが誕生した。
実は、協同組合もサッカーもこれより古くから存在したという記録があるが、現在まで継続している原則(サッカーはルール)=グローバルスタンダードに基づくという意味で最古のものとされている。
このようにサッカーと協同組合は、産業革命の中心であったマンチェスター近郊で労働者の中で生まれ、愛され、19世紀の大英帝国の覇権とともに全世界に広がっていったのである。
その当時の日本は幕末の激動期、坂本龍馬や岩崎彌太郎と交流があったイギリス人グラバーがサッカーをやっていたかどうかはわからない。イギリス人ダーウィンが「種の起源」を発表したのは1859年。進化論も非アメリカ的グローバリズムの一つと言えるだろう。
ダーウィンとサッカーとの関係もまだわからないが、今後調べたいと思う。
全世界に拡がり、発展した協同組合とサッカーは国際組織を必要とすることとなる。
協同組合は1895年にICA(国際協同組合同盟)を結成し、サッカーは1904年にFIFA(国際サッカー連盟)を結成した。現在ICAの本部はスイス・ジュネーブ、FIFAの本部も同じくスイスのチューリッヒにある。

(以下、第二のローカリズムからの視点へ続く。)
第二のローカリズムからの視点。サッカークラブも協同組合も街単位で生まれた。生協は、経済合理性や他の流通業との競合の関係から合併を繰り返し、大規模化を進めた。日本の生協においては、これまでは生協法の制約から県を越えた合併は認めらなかったためローカル色を保っているが、事業連合や生協法改正によって、マスメリット追求のため大規模化は更に進展するだろう。
一方サッカーにおいては、合併は非常に例外的であり、ヨーロッパでは街の単位でクラブが存在している、イングランドやイタリアではプロのクラブチームが100程度存在するし(ロッチデールにもプロのクラブがある)、日本でもJ1、J2、JFLのクラブはととんどの都道府県に設立されている。ヨーロッパや南米の歴史あるクラブは都市の歴史も背負っている。歴史的に仲が悪い2つの都市があれば、その都市のクラブ同士も仲が悪い。そして、同じ都市に複数クラブがある場合もクラブの歴史や因縁、サポーターの出身階層、地盤、宗教、イデオロギーなどを背負い、山の手vs下町、裕福な層vs貧困層、カトリックvsプロテスタントなどの対立があったりして非常に仲が悪いことが多い。イタリアのミラノの場合は複雑である。インターナショナルのイタリア語と都市名をつなげたインテルナツィオナル・ミラノとイギリス人が作ったACミラン(ミランはミラノの英語読みである)の2クラブがあって、昔からライバル関係だったのだが、ACミランのオーナーが現首相のベルルスコーニなので、政府寄りvs反政府寄りという色彩も帯びてきている。

イギリスの動物行動学者兼人間行動学者のデズモンド・モリスは著書「サッカー人間学」で人間行動学の視点から興味深い分析を行っているが、協同組合とサッカーは、上述したように全世界に拡がり1世紀半以上の歴史を持っており、これらを切り口にした比較文化研究をはじめ、興味深い分析や研究ができるのではないかと考えている。
以上


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2011/09/07 19:07】 | ブログ
トラックバック(0) |
<Kより発信>
 1895年にロンドンで設立された世界の協同組合の連合組織、国際協同組合同盟(ICA)は、現在93カ国249団体、組合員は10億人を超える世界最大のNGOとなっている。国際協同組合デーは、全世界の協同組合員が心を一つにして協同組合運動の発展を祝い、平和とより良い生活を築くために運動の前進を誓い合う日で、毎年7月1土曜日と定められている。1923年から始まり今年89回を迎えた。
 今年の国際協同組合デーに関して、私も参加した記念中央集会なども含めて紹介する。

ICAの国際協同組合デーに向けたメッセージ
 
 ICAは、2011年の国際協同組合デーに向けて、『若者:協同組合の未来』というメッセージを発している。このテーマは、21世紀の協同組合の発展に欠かせない課題であると思えたので紹介する。以下、主な要旨。

 「2011年の国際協同組合デーのテーマは、協同組合の事業モデルがいかにして若者をエンパワーできるものであるかを強調しています。
 国際協同組合デーにあたり、若者による協同組合運動への参加を、全ての協同組合関係者が促進する必要性を呼びかけます。協同組合の事業モデルについて知らない若者は沢山います。学校のカリキュラムで協同組合に関する授業が組み込まれていないことが多いため、学校で習うことがないのです。また、自分たちが使っている製品やサービスが、協同組合によって提供されていることに気づかない若者もいるでしょう。
 ソーシャルメディアがかつてないほど若者どうしを結び付けているこの時代に、協同組合はまたとないチャンスを迎えています。協同組合は、この新たな世代にとって非常に魅力的な連携行動の形を具体的に示すモデルなのです。」

 私は、以前、千葉県にある私立大学の生協に在籍し、大学の商業の科目で担当教授から要請を受け生活協同組合について教壇で話したことがある。「学生達は、“生協”は知っているが、どのようなしくみと目的を持った組織かについては、ほとんどの学生は知らなかった。」講義の感想文を読むと、興味・関心を持ってくれた学生が多かったことを思い出した。

国際協同組合デー記念中央集会
 
 さて、日本においては、日本協同組合連絡協議会(JJC)と2012国際協同年全国実行委員会主催による『第89回国際協同組合デー記念中央集会』が、7月14日に新宿・全労済ホールにおいて開催された。
 今年の記念中央集会のテーマは、『震災復興のために協同組合に何ができるか』であった。農協、漁協、生協の代表がパネラーとなり 小林正弥(千葉大学大学院教授)氏がコーディネーターを務められた。
 私は、これまで、農協や漁協は、行政との関わりが深いので、行政機関のように感じられ、一戸ごとが共同する協同組合のイメージを持てなかったというのが本音だった。
 今回は、震災にあたっての農協・漁協の活動報告を聞いて、協同組合の仲間であると感じることができた。JAいわて花巻では、各農家が、白米を1升ずつ出し合い43tも集め、被災地域に届けたという。宮城県漁協では、ほとんどの組合員が漁船・漁具・施設、住居の大きな損壊を受けたにも関わらず、これまでも共同で守ってきた漁業を復興しようという団結力が強いのに驚いた。また、会場発言の全労済、労働金庫、ワーカーズコープなども、協同組合らしい支援活動を幅広く展開している。生協では組合員だけでなく地域への支援活動も全国の生協が協力し展開した。大震災に遭遇し、これまで縦割りになっていた協同組合が、はじめて、ひとつになったように思えた。
 コーディネーターの小林教授は、公共哲学の立場から、公(公助)、私(自助)中心の社会から共(共助)・友愛・新しい公共のセクターが社会を担っていくことへの期待が述べられた。2009年の国連総会が定めた「2012年の国際協同組合年」に向けて、各協同組合はその存在意義を再度確認し、協同組合陣営として力を合わせ、社会に発信できたらよいと思った。

 最後に、ICA会長のポーリン・グリーン氏の記者会見の記事を紹介する。
 2009年に女性初のICA会長に就任したポーリン・グリーン氏が来日し、地震と津波で壊滅的被害を受けた宮城県亘理町や名取市を視察した。農協や漁協が被災した農漁家の再起に力を貸したり、全国の生協が被災地支援に尽力したりした実態を知り感銘を受けたという。「人々の心に訴え、ニーズにこたえる日本の農協や生協の活動は、協同組合活動の原点である」と語った。
 協同組合活動は世界の隅々まで浸透し、健全な市民社会の形成に役立っているのだが、認知度はいま一つ。認知度を高めるのがICAの最大の課題で、そのために来年の国際協同組合年を活用したいという。
 世界中の国々が抱える経済社会問題を解決するのに、協同組合のビジネスモデルが最も有効であること知ってもらいたい。エネルギーの確保、福祉の充実、地域の再生などの課題に取り組むのに、協同組合モデルは適している。その証拠に国民の満足度の高い北欧の国々では、協同組合活動が盛んだという事実を挙げた。
(日本記者クラブ企画委員 村田泰夫氏の会見メモより掲載)



【2011/07/20 19:50】 | ブログ
トラックバック(0) |
<Mより発信>
こちらでもホームページをブックマークに入れさせてもらっているPPN(プラチナ・プラザ・ネットワーク)。もともとは日本生協連労働組合女性部の自主活動のグループとしてスタートしたが、メンバーが次々と定年退職を迎え、その後もそのネットワークを生かしていろいろな活動をするグループへと発展している。
日本生協連を早期退職されてシルバーボランティアでネパールに行かれ、そちらの子どもの里親支援活動に取り組んでいるメンバーとのネットワークで「ネパール子ども基金」の活動にも力が入っている。
PPNのホームページはこちら
定年退職後、4/1からの再雇用制度でのパートナー嘱託の採用までの悠々とした年休期間に、日本生協連が職場を挙げての現地生協の支援派遣に応募した女性メンバーがお二人もいらして、現地での活動報告もアップされている。
そのうちのお一人が当「JCCU協同組合塾」の幹事でいらしたOさんである。
お二人ともそれぞれマジック(手品)で多くの方を喜んでもらうことをライフワークにされていて、現地生協での支援業務の他に、避難所を訪問してその特技を披露。被災者に喜んでいただいたとのこと。

こういう多彩な支援活動が大事だとつくづく思った次第である。
後方支援組も現地の人々に心を寄せながら、それぞれの能力や個性を活かして力をつくそうと決意を新たにした。

【2011/04/07 12:59】 | ブログ
トラックバック(0) |
Kより発信

8月5日(木)にJCCU協同組合塾の幹事会を行いました。この間、例会を2回開催し、またブログも開設してきましたので、中間的な総括をし、今後の改善をはかることが目的でした。協同組合塾ブログに関してですが、Mさんが中心になり、貴重な資料や塾の報告がアップされてよいと思いますが、ただ気軽に投稿する雰囲気がないのが課題かと思います。というわけで、気軽なブログ記事を書きたいと思います。

■松沢資料館見学会
7月29日(火)に私の所属する会員支援本部で、松沢資料館見学会を行いました(企画はK)。参加者は19名。16時から、まずDVD(20分)で賀川豊彦の生涯を映像とナレーションで知り、加山久夫館長の講演(40分)、17時から資料館内の展示物を見ながら、杉浦学芸員が詳細な説明をしてくれました。17時45分終了。
松沢資料館には、初めてという人がほとんどでした。また、コーププラザ1Fの胸像の賀川豊彦がどんな人なのかよく知らなかったという人が大半でした。おそらく、JCCUのほとんどの人が同じ状況だと思います。見学後のみんなの感想は、「こんな偉大な方だったとは驚いた」「こうした学習は、年に1度くらいあったらよい」など好評でした。

松下幸之助が現パナソニック社を創立したことを、パナソニック社員で知らない人はいないだろうし、特別の社員教育がされているだろうと思います。幹部になるには、松下幸之助に関する試験(論文など)が科せられると聞きました。
賀川豊彦は、日本生協連の初代会長で、日本の「生協の父」といわれる。賀川なくしては、日本の生協はなかったかも知れない。なのに、生協ではどうでしょうか?
協同組合とは何か?アイデンティが問われるなかで、協同組合の歴史、理念を学ぶことは重要だと思います。松沢資料館見学会を生協関係者にもっと普及したいと思いました。

 

FC2blog テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2010/08/07 06:24】 | ブログ
トラックバック(0) |
<Mより発信>
このブログを立ち上げてすぐから、皆様にご紹介したいという内容の記事を、ごく短い文章のレベルも書籍のレベルも同じ「文献紹介」というカテゴリーで、アップしてきました。
昨年1年間、「賀川豊彦研究会」として勉強をしてきた関係で、日本生協連の機関紙等に掲載された賀川会長の文章や、関わりのあった方々の文章でご紹介したいものを続けて掲載してきて30本を越しました。
書籍や論文などの概要をご紹介するイメージの「文献紹介」という言葉に違和感があるなぁと思えてきて、分けたいものだと考えておりました。
自分の担当の資料室業務の中でも過去の政策文書そのものを電子データ化する仕事が続き、そちらで「アーカイブ」というフォルダーをつくって格納しているので、こちらでも「アーカイブ」カテゴリーをつくって今までの蓄積分から分離独立させることを思いつきました。
さっそく、過去の記事についても主に文章そのものを引用して紹介する記事については「アーカイブ」カテゴリーに変更する作業を昨晩行いました。それにともなってカテゴリーで仮に作って使われなくなった分を削除しています。
いかがでしょうか?

【2010/06/07 12:43】 | ブログ
トラックバック(0) |


Kより
Mさんへ
文献紹介とアーカイブの整理、よいと思います。
練習用カデゴリー「Kより」削除ありがとうございます。どうしたら削除できるのかなと思案していましたので。
 Kより

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。